印刷物の在庫レス

印刷物の在庫レス

印刷物の在庫レス・廃棄レスに、
オンデマンド印刷でお応えします

外部環境が目まぐるしく変化しテクノロジーも加速度的に進化する今、企業や製品にまつわる情報は短期間で更新されます。そのため製品カタログや会社案内、あるいは取扱説明書などを大量に作り在庫保管を行うと、あっという間に掲載情報の陳腐化が進み印刷物の廃棄ロスが発生してしまいます。
かといって従来の印刷方式で200部以下といった少部数の印刷を行うと、1部あたりの単価が高額になってしまいます。そんな困りごとを解決するために、私たちは必要な印刷物を必要な時に必要な部数だけ、スピーディーに印刷できるオンデマンド印刷で、廃棄リスクの回避のみならず在庫管理コストの大幅な削減を提供いたします。

オンデマンド印刷が、スピーディーで、
少部数でもリーズナブルな単価で印刷できるのは、
作業工程が少ないからです

オンデマンド印刷には、「強み」と「弱み」があります。

強み
  • 少部数の印刷でも単価が抑えられる。
  • 短納期に対応できる。
  • 1枚づつ異なる印刷ができる。(宛名印字など)
  • 刷版がいらないので訂正出力がスピーディーに行えます。
弱み
  • 品質を求める印刷には適していません。
    通常の印刷(オフセット印刷)に比べると写真や文字の精細度が若干劣ります。
    同一色を広い面積に再現する場合、ムラが起きやすくなります。
    表面と裏面の絵柄の位置に多少のずれがある場合があります。
    折加工を施すと割れが生じやすい傾向にあります。
    同一ロットのなかで、色が多少変動します。
    極端に薄い色(アミ10%未満)は再現されないことがあります。
    特色(DIC・PANTONEなど)は、CMYKの疑似色での表現になります。
    機械の特性上、用紙が多少縮む場合があります。
  • 印刷できる用紙に制限があります。
    A3サイズ程度までの用紙にのみ印刷可能です。
    厚すぎる紙、薄すぎる紙には印刷できません。
    エンボス(凹凸)感のある用紙に印刷すると絵柄が再現されない箇所が発生します。