Web related informationWeb業界情報

Googleが発表「モバイルで表示速度が遅いページは順位が下がる!」

 

Googleは2018年7月よりモバイル向けページの表示速度を検索順位の決定要因とする「スピードアップデート」を導入すると発表しました。ページの表示速度は以前から検索結果要因の一つと挙げられていましたが、パソコン向けホームページの表示速度を元に判断しているようです。これがスピードアップデート後は、モバイル向けに制作されたページの表示速度で判断されるとのこと。

 

Googleのアップデートと言えば、2011年頃から始まったページ内容が乏しいサイトが検索上位に表示されないようにする「パンダアップデート」や、関連性が低く低品質のサイトを集めたリンクの無効化やコピーしただけの重複コンテンツを検索上位に表示させない「ペンギンアップデート」は記憶に新しいところです。これらのアップデートによる影響で検索順位に大きな影響が出たサイトも多数あると思います。「スピードアップデート」では目立った順位変動は実質的にはおきないであろうとのことですが、ひどく遅いページには影響するようです。

 

とにかくGoogleが一貫して伝えているユーザーが心地よく利用できるWebサイト、価値あるコンテンツを提供することが検索結果に好影響を及ぼし、ユーザーに評価されることになるのだと思います。
情報元:Googleがスピードアップデート発表「モバイルで遅いページは順位を下げるよ!」