Web related informationWeb業界情報

電通、2017年日本の広告費を発表 6年連続でプラス成長/ネット広告費が1兆5,000億円超え

電通さんが毎年恒例で発表される「2017年 日本の広告費」によると総広告費は6兆3,907億円、前年比101.6%と6年連続でプラス成長とのこと。

媒体別に見ると

・新聞広告費:5,147億円 前年比94.8%

・雑誌広告費:2,023億円 前年比91.0%

・ラジオ広告費:1,290億円 前年比100.4%

・テレビメディア広告費:1兆9,478億円 前年比99.1%

上記「マスコミ四媒体」合計広告費:前年比97.7%

 

・インターネット広告費:1兆5,094億円 前年比115.2%

・プロモーションメディア広告費:2兆875億円 前年比98.5%

となっています。

広告費全体を押し上げた要因はやはりインターネット広告費。特にモバイルでの運用広告、動画広告が大きく伸びているようです。

ネット広告は昨年(2016年)に初の1兆円超えしましたが、著しい成長を見せているのが運用型広告となっています。(9,400億円 前年比127.3%)

 

運用型広告とは、Google AdWordsやYahoo!プロモーションなどの検索連動型広告やディスプレイ広告、Facebook、twitter、YouTubeへの広告配信を指します。

運用型広告が伸長している背景の一つとして「テクノロジーの進化」が挙げられます。特定のユーザーに絞って広告配信を可能とする「ターゲティング広告の機能向上によって、広告主は効果的かつ効率的な広告運用が可能となっています。今後もAI(人工知能)などと融合し益々進化するものと考えられます。

 

また、電通さんによれば運用型広告をブランディング構築・強化目的で活用する動きが活発化しているそうです。従来、予約型広告(バナー広告など)利用が主だった自動車や通信などの業種で、運用型広告の活用が進んでいるとのこと。

当社においても、他社との差別化・差異化を図るためにブランディング強化を目的としたインターネット広告の相談が増加傾向にあります。インターネット広告は重要なプロモーション手段ではありますが、「何をプロモーションするか」がさらに重要となります。コンテンツ企画からコンテンツストーリー作成を含めたインターネット広告(ペイドメディア)支援をさせていただきますのでお気軽にお問合せください。

 

当社のインターネット広告(ペイドメディア)支援ページはこちら

 

情報元ページはこちら