Web related informationWeb業界情報

2018年 Webデザインの最新トレンド5選

スマートフォンでのWebサイト閲覧が浸透し、小さな画面内でいかにわかりやすく表現するか、Webデザインも年々進化しています。

2018年最新のWebデザインをご紹介します。

 

Windows8が登場した2012年頃からWebデザインの主流となってきたフラットデザイン。スマートフォン画面に最適化するためのレスポンシブWebデザインとの組み合わせで採用されています。

〇フラットデザインとは

質感を出すテクスチャや立体的な効果を出すシャドーなどを用いず、色や形などによりシンプルなサイン、シグナルを用いて構成するデザイン。凹凸の有無だけでなく、スッキリとした印象を与えるデザイン。

 

〇レスポンシブWebデザインとは

スマートフォン、タブレットPC、パソコンなど、あらゆる端末画面に最適化したWebサイトを1サイトで実現する制作手法。アクセスした端末の画面サイズごとに自動でレイアウト変更します。

 

【トレンド①】モバイルファースト

スマートフォン対応に最適なレスポンシブWebデザインと相性がよいフラットデザインの組み合わせで、引き続きモバイルファースト(モバイル端末を中心にWebサイトを設計すること)なWebデザインが主流となるようです。例えば横線を縦に3つ並べたハンバーガーメニューなどは非常に一般的なアイコンとして浸透しており、今では多くのユーザーにとってその機能が馴染みのあるものとなっています。

詳細はこちら

 

【トレンド②】フラットデザイン2.0

フラットデザインの進化系で、シャドウやグラデーションによって、より奥行きのあるフラットデザイン2.0とも呼ばれるセミフラットデザインがトレンドとなっているようです。シャドウやグラデーションを使用するとフラットに見えなくなると感じるのですが、これにより従来のフラットデザインで課題となっていた、余分な装飾やグラフィックを省いたがゆえにクリックできる箇所がわかりづらい点を解決できるとのこと。Webデザイナーのセンスが問われるデザインのように感じます。

詳細はこちら

 

【トレンド③】鮮やかな配色

2018年にはビビッドカラーなどの鮮やかな色合いがトレンドになるようです。これはスクリーンやモニターなどの装置の技術的進歩により、豊かな色を再現することが可能になったことで結果的にデザインの可能性が広がったゆえのトレンド。色はブランディングにおいて重要性が高く、色の知覚は感情に結びつくため、効果的にユーザーにアピールすることができます。ターゲットとなるユーザーがどのような感情を欲しているか、又、グローバルサイトにおいては、国や文化によって色に対するイメージが異なることを理解・把握することが重要です。企業サイトの場合、コーポレートカラーとの兼ね合いがありますが、アクセントカラーの一つとしてビビッドな色を選択することもありかと思います。あくまでもそのサイトの目的、コンセプト、ターゲットに沿った上でデザイン設計しましょう。

詳細はこちら

 

【トレンド④】アニメーション

gifアニメーションが再起しつつあるようです。昔流行しましたね。古い!というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、スクロールアニメーションやパララックス(視差を利用した演出)によってユーザーの理解を高めたり、効果的なブランディングが可能になるとのこと。ユーザビリティを向上する手段として、Webサイト内のどこにどう使うか、デザイン設計をしっかり行うことで有効なデザインパーツとなりそうです。また、gif規格は現在ほとんどのデバイスで読み込むことができ、ロード中に表示するなど効果的に使用することができるというメリットもあるようです。

詳細はこちら

 

【トレンド⑤】オリジナルイラスト

こちらも過去の流行の再起。1960年代後半まで広告の世界を支配していたイラストレーションがWebの世界で再起しつつあるようです。確かにイラストはウェブサイトに個性を見いだす画期的な方法であることは間違いないと思います。どのようなイラストを作成するか、アイデアと工夫次第でWebサイトの訴求力、価値が高まるのではないでしょうか。

詳細はこちら