Web related informationWeb業界情報

サイト埋め込みGoogleマップが2018年7月16日からAPIキー必須で有料に!?ただし無料の場合も多いのでまずは確認を!

このタイトルだけ見ると「えー!!!!!!!!」と驚く方が多いことでしょう。

ですので先に補足しておきます。通常のGoogleマップから「地図を埋め込む」でページに設置しているマップはそのままで問題ありません。無料だそうです。

 

ではなぜ有料に!? 有料になるケースとならないケースは?

理由はGoogle側の仕様変更により「APIキー」が必須となることにあります。ただし、すべての埋め込みGoogleマップが対象ではなく、そのままで問題ない場合もあるようです。

 

●有料になるケース

Googleの「Static Maps API」「Maps JavaScript API」「Maps Embed API」などを使って埋め込んでいたマップはAPIキー必須で新しい料金プランに。

(Googleマップの機能をJavaScriptなどのプログラムで呼び出す仕組みを使って地図をサイトに表示していた場合)

※ただ上記のAPI利用の場合でも、モバイル向けの地図表示などAPIキーは必須ではあるものの無料で利用できる場合もあるとのこと。

Google Maps Platformの料金プランはこちら

 

●無料のまま利用可能なケース

通常のGoogleマップから「地図を埋め込む」で取得したiframeによる地図埋め込みで設置したマップは無料のまま利用可能。

ただし、利用規約にもあるように、正当な利用には一般向けの無料公開ページで、モバイルアプリではないという条件があることには注意が必要です。

※今後は利用の条件や制限が変わる可能性があるかもしれません。(2018年7月4日時点)

 

■サイトのGoogle Mapが有料or無料を調べる方法

まずはサイトの地図がどの方式で埋め込まれているのかを調べることをお勧めします。

調査方法として、Googleが提供しているチェックツール「Google Maps Platform API Checker」の利用が便利です。

このツールはChromeブラウザの拡張機能として提供されています。Chromeに追加する場合はこちらから。

 

地図を埋め込んでいるページをChromeで表示した状態でこの拡張機能を実行します。(ブラウザ右上に表示されるピンマークをクリックして実行します)

瞬時に拡張機能の表示によって、対応が必要かどうかを判断できます。

本ページ上部に掲載している画像は当社サイトのGoogle Mapページを前述の拡張機能で確認した画面です。このように表示された場合は更新、変更が不要です。

更新が必要な場合は「SUCCESS」部分が「ERROR」表示となり「このサイトではAPI Keyが適切に使われていないようです。APIキー無しのリクエストは廃止されます。プロジェクトのAPI keyを取得し、API Keyを安全に保管してください」というコメントが表示されます。

 

■今回の仕様変更の影響を受ける(上記拡張機能でERRORとなった場合)こととなった場合、サイト制作会社へ下記ページを案内して対応を依頼してください。

既存ユーザーガイド

Google Maps Platform

 

●記事元はこちら