Web related informationWeb業界情報

Google モバイルページの読み込み速度を検索のランキング要因とする「スピードアップデート」を開始!

Googleがついにモバイルページの読み込み(表示)速度をモバイル検索のランキング要因として使用する「スピードアップデート」を全ユーザーに対して開始したようです。

開始は2018年7月~。事前予告通りの開始となりました。予告参考記事はこちら

 

「スピードアップデート」の内容としては、

・読み込みが遅いページだけに影響

・「遅い=評価が下がる」だけでなく、「遅くなればなるほど評価が下がる」

という当初の告知通りのようです。

よほど遅くない限り、影響を受けることはないと思いますが、今一度自社が運営するWebサイト(オウンドメディア)をスマートフォンでGoogle検索して、ページの読み込み速度を確認してみましょう。

 

また、遅いより早いにこしたことはありませんが、「検索クエリとページの関連性」が最も重要と念押しされています。

検索クエリとは・・検索されるキーワードのこと

つまり検索キーワードと関連性の高い魅力的な(コンテンツ内容が充実した)コンテンツは、ページの読み込み速度が多少遅くとも検索結果は高い順位に掲載される場合があるということ。

 

最後に、読み込み速度も検索クエリとの関連性も、Googleの評価目線で書いてしまいましたが、これらは全てユーザーのため。検索したユーザーに対しスピーディーにページを表示し、求めている情報がいち早く入手できる環境を提供すべく、日々Googleは進化しWebサイト側にも協力を求めているのだと思います。自社のサイトに訪れてくれるユーザーのために表示スピードアップとコンテンツ充実を!

●記事元はこちら