Web related informationWeb業界情報

アーンドメディアを利用してコンテンツを活性化する!

そもそもメディアって何でしょうか? メディアとは発信する側と受信する側を結ぶもので、そこに読者がいなければメディアは成立しないと考えます。
新聞や雑誌、Webサイトにしても、テレビ、マスメディアと言われるものもすべて受け手がいて、はじめてメディアは成立します。受け手の気持ちを考えずに、一方的に情報を配信するだけや、押し売りするようなメディアはもはやメディアではないと。

 

アーンドメディアも同じこと。強引な売り込みは顧客に歓迎されないどころか、タブーとされるものです。アーンドメディアを利用してコンテンツを活性化するために、どのようなことが必要か。

 

-アーンドメディアとは

消費者やユーザーとダイレクトに繋がり、コミュニケーションを通じて情報を拡散することができるブログやSNSなどのメディアを指します。アーンドメディアは企業側から発信する情報だけでなく、消費者側の意見や評価が書きこまれるため、売り手一方通行のペイドメディア(インターネット広告)とは異なり、買い手から見て信頼度が高いメディアとなります。

 

自分たちのコンテンツをただ単に流しているだけなら、従来型のコーポレートサイトです。しかし、メディアをやりたいというなら誰が受け手で、その人にどうなってもらいたいかをイメージすることが重要です。
メディアであるなら、どんな記事であれ、最終的には受け手(=読者)のために作るものでなくては成り立たないと考えます。もちろん読者だけに寄ってしまってはビジネスになりません。目的とするゴールと記事を受け取る読者と、うまく両方を折衷して進めることができるかどうかが重要。メディアを運営する、コンテンツを企画する現場スタッフがみんなで同じ方向を見て、その先いる読者に向けて共感し合える情報を発信する。当社が現在取り組んでいる新プロジェクトにおいても要諦となることでしょう。