Web related informationWeb業界情報

Googleは何故モバイルフレンドリーを重視? 

モバイルユーザーの増加によって、Webサイトのモバイル対応は必須の要素となりました。すでに検索では業種・業態にもよりますが、半数以上がスマートフォンからのアクセスとなっており、Googleがモバイルファーストを重視するのは必然と言えるでしょう。

参考サイト「Googleのモバイルファーストは何故」に記載されている情報をご紹介します。

ユーザーがスマートフォンに触れる回数は平均150回(おそらく1日平均だと思います)。検索は勿論のこと、SNSの確認や発信、地図の利用、音楽配信アプリや動画視聴、ゲーム、メールやLINEなど利用方法は多岐に渡ります。利用時間にして約180分を費やしているとのこと。

そして注目する点は、接触時間(180分)を回数(150回)で割ると、1回の接触時間はわずか1分程度しかないということです。この短時間で情報検索を行った際、見つかったWebサイトがなかなか表示されなかったらどうでしょうか? ユーザーはすぐに別のサイトへアクセスする行動をとると思います。

 

ここで自社サイトがモバイルフレンドリーとなっているかどうかをテストするツールを紹介します。

Googleが無料で提供しているチェックツールです。「モバイルフレンドリーテスト」

モバイルフレンドリーテストを利用することで、Googleのモバイルフレンドリー基準をクリアしているかどうかを確認することができます。本ページの冒頭画像は当社サイトをフレンドリーテストした評価ページです。何らかの問題がある場合は、「このページはモバイルフレンドリーではありません」と表示されます。問題点も同時に表示されますので、該当する箇所を制作会社と共有し修正することをお勧めします。

※モバイルフレンドリーテストは重要なページに絞ってチェックすると良いでしょう。

 

また、冒頭に触れたようにページの読み込み時間の遅延による悪影響をGoogleは下記としています。

1.ページビュー:-11%

2.コンバージョン率:-7%

3.顧客満足度:-16%

 

モバイル速度を確認するツールも紹介します。こちらもGoogleが提供しています「Test My Site」

こちらのサービスは

・接続標準(3G)テスト

・サイトのデータ分析

・モバイル対応度

・類似するサイトの分析

を約1分程度で行います。

当社サイトは「普通」でしたので、改善の余地がありそうです。またメールにて無料レポートを取得することもできますので、具体的改善方法を知ることができます。

 

貴社のサイトもモバイルフレンドリー調査を行ってみてください。