Web related informationWeb業界情報

ウェブライダー松尾氏が語る「検索結果1位を目指すなら、徹底的にユーザー思考を追求する」

SEOに関する情報紹介です。以前、このWeb関連情報で「【Google検索結果】順位下落の対処法はすばらしいコンテンツを作り続けること以外になし」という記事を掲載しました。詳細はこちら

ではそのすばらしいコンテンツとは何かを株式会社ウェブライダー 代表取締役 松尾茂起氏の講演記事からご紹介します。

 

SEOで最も重要なことは、検索エンジンだけを見るのではなく、その先にあるユーザーの悩みを解決することが重要と松尾氏は説いています。実際に松尾氏が携わって立ち上げた「美味しいワイン」というワインメディアサイトは2018年5月時点で32記事と少ないページ数にもかかわらず、「ワイン」「赤ワイン」「白ワイン」「チリワイン」「日本ワイン」「父の日ワイン」の検索キーワードで1位になっているそうです。

※実際にGoogle検索してみると、2018年9月12日現在で「ワイン:3位」「赤ワイン:2位」「白ワイン:1位」「チリワイン:1位」「日本ワイン:3位」「父の日ワイン:1位」と上位表示されています。

 

このサイトのコンテンツはすべてオリジナルであり、前述した「その先にあるユーザーの悩みを解決することが重要」とあるように「とにかくワインというキーワードで検索する人たちはどのような情報を求めているのか、どのようなコンテンツを見たいと思っているのかを実直に研究し続けてコンテンツストーリーを作成した」とのこと。

検索結果の上位表示される理由として下記3点を挙げています。

①ユーザーの抱える悩みをほぼ網羅している。

②ユーザーの潜在ニーズを意識している。

③ユーザーに寄り添って信頼を獲得する

 

例えば下記、「父の日ワイン」の検索結果1位に表示されているページ。タイトルは「父の日のプレゼントで迷ったならワインがおすすめ!父の日に贈りたいオススメのワイン9選。

https://wine-good.jp/gift/wines-for-fathers-day/

1.まず冒頭に「もしかすると、父の日のプレゼントっていつも悩むんだよね・・・という方は多いのではないでしょうか?」という文章からユーザーの抱える悩みを網羅するコンテンツ構成となっています。

 

2.そしてなぜワインをプレゼントすることがオススメなのか、その理由を5つ記載していますがユーザーの潜在ニーズを意識したコンテンツになっていると思います。

 

3.続いてどこでワインを買うとどんなメリットがあるのかについて情報提供されています。(上記ページ内ではamazonでギフト用のワインが購入できて、5つのメリットがあるという情報提供)

 

4.最後に具体的オススメワインの紹介コンテンツ(購入はamazonへのリンクで)と記事全体を監修してくれたワイン博士の顔写真&紹介。まさしくユーザーに寄り添って信頼を獲得するコンテンツだと思います。

 

繰り返しになりますが、「検索エンジンだけを見るのではなく、その先にあるユーザーの悩みを解決することが重要」ということが具体的に伝わるコンテンツです。

●元記事はこちら

 

●こちらの記事も参考に「GoogleのSEOはかつてより難しくなった?ここ数年で何が変わったのか」