Web related informationWeb業界情報

Googleしごと検索(Job Search on Google)が日本でサービス開始!

2019年1月23日、日本においてGoogleしごと検索が正式リリースされました。人材獲得がますます厳しくなる中、採用担当者、Webマーケティング担当者にとっては採用活動の重要な媒体として、サービス内容の把握、動向をチェックしておく必要があるかと思い、ポイントをまとめてみました。

 

Google Japan Blogでは下記のように紹介されています。

”アルバイト、転職、キャリアアップなど、仕事探しの理由は様々ですが、条件にあった求人情報を求めて、何時間もスクリーンとにらめっこをした経験は誰しもあるでしょう。本日(2019年1月23日)より、Googleしごと検索の提供を開始します。この新機能は、Web上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページ等から求人情報を探して、検索結果に分かり易く表示します。”

 

実際に希望する職種やエリア等を入力して検索すると、関連する求人情報が検索結果内にブルーの見出しでわかりやすく表示されます。(本ページ上部の画像は「渋谷 Webデザイナー 募集」での検索結果画面)

任意の求人情報をクリック、またはタップすると詳細情報が表示されます。

また、Googleアカウントでログインして検索した場合は、気になる求人情報を保存できたり、ウォッチしたい求人情報がある場合は、企業名や店舗名等で検索し、「この検索に関するメール通知アラートをオン」にしておくと、関連情報がメールで届くそうです。

応募したい求人が見つかったら、応募ボタンからその求人情報を掲載している大本のサイトにアクセスしてエントリーを行うようになります。

 

求職者にとって非常に便利な機能です。ですので求職者が利用すればするほど、募集する企業側はGoogleしごと検索を無視できません。ではどのようにして検索結果に自社の募集情報を表示させるのでしょうか?

Google Japan Blogには”しごと検索では、サイト管理者が構造化データをご用意いただくだけで、自動的に求人の情報をクロールし、検索結果に表示されるようになります。”と説明書きがあります。要するに「構造化データの用意」というアクションは必要になります。構造化データの作成(求人情報の作成)方法はこちらのリファレンスページをご確認ください。

 

Googleしごと検索のリリースにより、従来のリスティング広告やIndeedのアクセスにどのような影響が出るのでしょうか。採用担当者、Webマーケティング担当者は検証しながら対策を講じる必要がありそうです。