Web related informationWeb業界情報

Googleマップが一新 不満の声が相次ぐも「オフラインマップ」が利用可能に。

Googleマップが一新されたことでネット上がざわついているようです。理由は日本国内の地図が以前と変わっていたり、一部道路の欠損や建物が道路に重なって表示されたりする場所が多数存在しているとのこと。

なぜこのようなことが起こっているのか。。。どうやらこれまで採用していた国内大手の地図メーカー「ゼンリン」のデータからGoogleが自前で用意した地図データに変更した可能性が高いようです。※地図右下に表記されているコピーライトから「ZENRIN」の文字が消え、「地図データ@2019Google」となっている。

 

Googleは2019年3月6日、Googleマップの日本向け地図を一新すると発表しており、より分かりやすい徒歩ナビゲーションや乗換案内、地図のダウンロードが可能になるとのこと。また新機能として地図を事前にダウンロードしてオフライン環境でも見られるようにする「オフラインマップ」が提供される。※オフラインマップと新しい乗換案内機能は今後数ヵ月の間に提供するとしています。

 

新しい地図では、徒歩の道案内の際に「次を右折」ではなく、「コンビニで右折」というように地理的な目印を利用することでより分かりやすい徒歩ナビゲーションを実現するとしています。徒歩移動が多い首都圏や観光地では非常に便利な機能になりそうです。前述した地図上の不備は時間と共に改善されていくことでしょう。

 

●記事元

・「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更化

・日本のGoogleマップが一新 「オフラインマップ」も利用可能に

・Google Japan Blog