Web related informationWeb業界情報

Google広告 平均掲載順位を廃止

Google広告(旧Google AdWords)の管理画面から「平均掲載順位」が2019年9月に廃止されるという記事を紹介します。

この平均掲載順位とは、検索結果ページに表示される広告の順位(平均値)のことです。Google広告を運営されている方の管理画面で「平均掲載順位」が表示されていない場合は、下記方法にて表示項目の設定を行ってみてください。

①「表示項目」から「表示項目の変更」をクリック

②「競合指標」の中の「平均掲載順位」の項目にチェック

 

この広告掲載順位は広告のパフォーマンスを大きく左右しており、掲載順位が1位の場合と3位の場合ではクリック率が3倍(1位は3位の3倍)の差があると言われています。その重要な指標をなぜ廃止することになったのでしょうか。

Googleからは明確な説明は出ていないようですが、以下のような理由が考えられるとのこと。

①Google広告が「最適化配信」の時代となっており、この最適化配信を活用してほしい。

世の中のトレンドを最適化配信へと移行し、Google側もシステムのアップデートの精度を上げていくため、最適化データ蓄積を進めるための切替案内とも取ることができます。

②そもそも平均掲載順位だけでは不十分だった。

ページ上部に広告が出た場合とページ下部に広告が表示された場合、どちらも掲載順位は1位となります。当然ページ上部に1位表示された方がクリック率は圧倒的に高くなることは明らかです。このような仕様から掲載順位の指標が広告の十分なパフォーマンスを反映していないことになります。

 

では、平均掲載順位が無くなるメリットとデメリットは?

■メリット

最適化配信の調整がしやすくなる。自動入札機能を活用することで入札調整が容易になり、シンプルに「平均」的指標だった掲載順位が、より精度を増すと考えてよいでしょう。

 

■デメリット

広告掲載位置の把握が難しくなる。現在のように掲載順位が「1.2」「2.5」などシンプルな数字で表示されている状況から、ページ上部インプレッションの割合が「73%」、ページ最上部インプレッションの割合が「84%」、そこから最上部インプレッションの割合の損失率が「16%」発生しているから対策としては・・・といったように、今後は複雑化するようです。

 

下記ページにて今後注目すべき2つの指標や2019年9月以降の運用で注意すべき5つのポイントがわかりやすく解説されています。

●リスマガ【Web集客の教科書】Google平均掲載順位の撤廃、2019年9月以降警戒しておくべき5つのポイント