Web related informationWeb業界情報

Google検索コアアルゴリズムが6月3日にアップデート。変わり続ける検索エンジン。

Googleは広範囲にわたるコアアルゴリズムのアップデートを2019年6月3日に実施したようです。検索結果にどのような影響かでるかは数日後に見えてくると思われます。(大きな影響が無い可能性もあります)たとえ自社サイトに悪い影響が出てしまったとしても、「特効薬はない」とのこと。今回のアップデート結果がどうこうではなく、結局SEOとしてやるべきことは「長期に渡ってサイトの品質をしっかりと改善」することしかないのです。しかも「自社のサイトにとって必要なSEO情報を選択する能力がますます重要になってくる」ということも含めて。

 

SEO情報を取捨選択するにあたって考慮すべきこと

・誰が書いたのか

・いつ書かれたのか

・1次情報(自分が実際に体験して得た情報)か2次情報(既にネット上や書籍によって公開されている情報)か

・根拠はなにか

・事例の場合はどんなサイトなのか

・自分のサイトで実行できることか

・グーグルガイドラインに従っているか

 

Google検索順位の1位は価値が下がっている?

前述しました通り、Googleアルゴリズムは常に変化・進化をしています。最近Googleの検索結果画面に表示される内容がWebページのリストだけでなく、直接答えを返すような画面が目立つようになってきています。その内容をご紹介します。

 

・Google for Jobsによる求人情報

Google for Jobs(Googleしごと検索)とは「求人や転職などの求人情報を探していると想定される検索クエリ(キーワード)で検索したユーザーに、検索エンジンの上部に下記のように表示される新しいGoogle機能のこと。

 

 

・検索結果の右カラムにMAPと合わせて情報を表示

 

 

 

このように、検索結果の表示内容が変化しています。今後も変化し続けることでしょう。また最近はGoogleでの検索だけでなく、SNS内で検索し情報を得る行動特性も定着してきており、一時的なSEO対策は意味のないものになっています。

 

●記事元はこちら

・Google検索コアアルゴリズム6月3日にアップデート。順位への影響は?対策は?

・Google検索1位の価値は下がっている?変わり続ける検索エンジンとこれからのSEO対策