Web related informationWeb業界情報

「音声検索」に対応するSEOノウハウ。スマートスピーカーの普及で音声検索が急増!

Google HomeやAmazon Alexa、iphone Siriなど普及が進むスマートスピーカー。それに伴い音声検索を使うユーザーも急増しているようです。

特にアメリカではスマートスピーカーの所有者が2018年から40%増の6,640万人に達しており、成人の26.2%、実に4人に1人が1台以上のスマートスピーカーを所有しているそうです。

 

今後、益々普及が見込まれる「音声検索」。従来のWebサイトに対するSEOだけではなく、音声検索に対応するSEOへの関心がおのずと高まる中、具体的アプローチ手法をご紹介します。

●記事元はこちら

 

インタネット調査会社comScoreは、2020年までにインターネット検索の50%が音声検索になると予測しており、また同じく調査会社のGartnerは2020年までに全検索の30%が画面・スクリーンのないデバイスで音声検索が行われると予測しています。

 

今後、特にECビジネスにおいて、従来のパソコン・モバイルのテキスト検索が前提のマーケティング戦略やSEOに加え、音声検索SEOや音声での商品情報・サービス提供が重要になるとのこと。

 

各デバイスが使用している検索エンジン

各スマートデバイスが音声検索機能で使用している検索エンジンは下記となります。

■Amazon Echo:Microsoft Bing

■Googleアシスタント:Google

■Apple Siri:Google

それぞれの検索エンジンに対応するSEOノウハウが必要になるようです。

 

音声アシスタントの回答に選ばれるための音声検索SEO 5つのポイント

1.PC・スマホ検索結果での上位表示が必要

Googleの音声検索結果に採用されたコンテンツ内容の約75%が、PCやスマホでテキスト検索した結果の上位3位以内のコンテンツ。

 

2.ページ表示速度が重要

音声検索結果に採用されたページの表示速度を測定したところ、平均的なページよりも52%早かったとのこと。

 

3.長文は音声検索結果で採用されない

これは英語の場合ですが、Google Homeなどが回答する平均的な音声検索結果は29単語からなる比較的短い、簡潔な文章とのこと。ユーザーの検索ニーズに対して、短く、簡潔に回答している文章箇所がコンテンツ内に存在しているかが、音声検索結果に採用されるかの一つの決め手になる可能性があります。

 

4.ドメイン、Webサイト、コンテンツの信頼性

音声検索結果に採用されたページのドメインなどを調べると、ドメイン・オーソリティ(ドメインへの信頼性)が高いWebサイトのコンテンツほど、音声検索結果に採用されやすい傾向がある。また音声検索結果に採用されたページは、平均で1,199件のFacebookシェアと、44件のTweetがあるなど、ソーシャルメディアでのエンゲージメントも高いことが明らかに。

 

5.強調スニペット

Googleの音声検索結果で読み上げられた内容の約41%が、PC・スマホなどのテキスト検索結果で最上位に表示される「強調スニペット」の内容だったとのこと。

 

これらの内容を見ると、現時点では通常のSEOと音声検索SEOは共通点が多々あることが分かります。結局、通常のテキスト検索結果で上位表示されていなければ、音声検索の回答に選ばれる可能性は低いということになります。

 

音声検索SEOに対する具体的アプローチ方法

とにかく無視できないのが「強調スニペット」の存在です。自然検索結果の1位サイトよりも上位に表示されることから「ポジション0(ゼロ)」ともいわれる強調スニペット表示を獲得するための対策として下記が紹介されています。

1.検索キーワードに対して、最も完璧で簡潔な回答をコンテンツ内に用意する。

2.Googleが理解しやすいシンプルなHTMLタグで回答を記述する

3.ユーザー動向(直帰率、滞在時間など)を改善する

4.あるクエリの「関連する検索キーワード」への回答も同じコンテンツ内に書く

 

●記事元(詳細情報)はこちら