Web related informationWeb業界情報

Googleが重要視するE-A-T(専門性・権威性・信頼性)の高め方とは?

GoogleがSEOの重要な要素として質の高いコンテンツを作り続けることと言い始めて数年経過しますが、「質の高いコンテンツ」の定義として挙げられる「E-A-T(専門性・権威性・信頼性)」とは一体どういったものなのか、またその高め方とは?

結論が「スッキリ!!」するかどうかはさておいて参考記事をご紹介します。

 

Googleのジョン・ミューラー氏が医療系サイトを想定した「E-A-T」について解説されています。

Google検索のコアアルゴリズムがアップデートされるたびに言及される「E-A-T(専門性・権威性・信頼性)」の評価。しかしそのE-A-Tを高く評価されるためのSEO的なテクニックに明確な方法論はまだないと。

 

そこでジョン・ミューラー氏はGoogleがE-A-Tをどのように認識するのかを下記のようにコメントされています。※これは医療系サイトに限ったことではないようです。

・著者

・監修者

・サイト全体

・コンテンツ

といった複数の要素。要するに人間がWebサイトを見ているときに判断するのと同じようなこと。

曖昧な内容ですが、続いて同氏はこのようにもコメントしています。

 

専門性・権威性・信頼性を高めるための技術的方法なんて存在しない。

・metaタグ

・設定

・HTML要素

・文字数

・キーワード比率

などを設定・最適化しなければE-A-Tを高められないなんてことはない。検索シグナルの中には単純な設定によって明示できるものもあるが、「E-A-Tをしっかり示す」ということはそういうものではない。

 

結論として、

・何かこれをすればグーグルが評価する信頼性や権威性が確実に高まるというとうな手段・秘訣はない。

・「グーグルが何をどう評価するか」に意識を向けるのは、あなたが行うべきことではない。

・「ユーザーは何に信頼性や権威性を感じるかを探求し、そのニーズに応える」ことが、回り道のように見えてもE-A-Tを高める確実な道筋。

 

●記事元はこちら