Web related informationWeb業界情報

検索エンジン対策(SEO)で文字数の多い長文コンテンツが上位表示しやすいのか?

今までの記事でもコンテンツマーケティングの重要性を幾度か取り上げてきましたが、標題のような非常に興味をそそる記事を見つけましたのでご紹介します。

前々回に取り上げました「Googleが重要視するE-A-T(専門性・権威性・信頼性)の高め方とは?」で「質の高いコンテンツの定義」を紹介しましたが、さらに深堀して「文字数」に関する情報となります。

 

最近のキュレーションサイトやポータルサイトの記事を見ると、1ページのコンテンツボリュームが長文化していると感じますし、検索結果の上位に表示されているページの傾向として文字数が多いような気がします。※全てではありませんが。。。

果たして「長文」=「SEO効果が高い」となるのでしょうか?

これについての結論は「文字数が多いこと」と「検索結果で上位表示されること」は直接的関係性は無いとのこと。

 

ではなぜ文字数の多いコンテンツが検索上位に表示されているように感じるのか。(実際に長文コンテンツのほうが上位表示されることが多いようです。)

Googleは日々、検索エンジンのアルゴリズム(検索評価システム)を改善しています。これは「良質で充実したコンテンツ」の評価を高めるためです。膨大なコンテンツデータを収集・分析し、Googleが認める「良質で充実したコンテンツ」の文字数がどれくらいになるのか? その傾向として少なくとも2,000文字程度~5,000文字(それ以上でも問題ない)となるようです。

※制作するコンテンツのテーマによって異なります。

 

要するに、ユーザーが知りたい情報や抱えてる課題の解決策を掲載し、検索結果のページ内容に満足してもらえる文字数としては、最低2,000文字~5,000文字は必要となるということ。確かにあまりにも短い文章で少ない情報量だと知りたい情報が十分に得られない可能性が高いと思われます。

しかし、やみくもに文字数を増やせばよいということではありません。意図的なSEOを行うことで不要な情報を組み合わせユーザーが混乱したり、読みにくくなるコンテンツは逆効果でしょう。

 

そして、文字数以外にもWebサイトの内部施策をしっかり対応することが求められています。内部施策とは下記のような項目が挙げられます。

●titleタグの修正

●h1タグの修正

●meta descriptionタグの修正

●altタグの修正

●重複ページの修正

●URLの正規化

●エラーページの設定

●sitemap.xmlやrobots.txtの記述

●パンくずリストの設定

●内部リンクの設定

●表示速度の改善

●スマートフォン対応

 

上記はGoogleが一貫して対応の必要性を推奨している項目です。それぞれの項目ごとに検索すると情報提供ページが多数ありますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

 

その他にも必要な対策があります。記事元のページをご覧ください。

●記事元はこちら