Web related informationWeb業界情報

ユーザーの生活の一部となっている動画マーケティングを行うべき5つの理由

あちこちで動画マーケティングが積極的に動き出している昨今。YouTubeは少なくとも毎日50億回も視聴されているそうです。

今回は、動画マーケティングを行うべき5つの理由という記事を要約してご紹介します。

●記事元はこちら

 

1.動画マーケティングには絶大な効果がある

マーケティング担当者の41%が戦略の中に動画を含めているそうです(アバディーングループ調べ)。それだけ動画マーケティングがビジネスに役立つ可能性があるということ。確かにテレビとば別のチャネルとしてその存在を確立しているYouTubeは、様々なジャンルの人物がチャンネルを持ち、知恵・アイデア・スキルをもとにユニークなコンテンツを多数発信しています。そしてYouTuberと言われる新しいアーティストが続々登場し、視聴者にとって人間味のある感覚の繋がりを生み出すことができています。このような既存のマスメディアとは異なる要素が動画マーケティングとして企業と見込み顧客の架け橋を作ることとなっているからです。

 

2.インターネット経由のアクセス数の82%が動画になる可能性がある

世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社シスコは、2020年までに消費者によるインターネットのアクセスの82%が動画になると予測しているそうです。

記事コンテンツが死に絶えるとは言いませんし、記事コンテンツに投資を続けるべき理由は数多くあります。しかしWebマーケティングの変化、5Gによる通信回線インフラの進化など環境変化や時代背景に合わせて、マーケティングチャネルの間口を広げていく必要があります。

 

動画はユーザーの生活の一部となっている

ふと自分の生活を振り返ってみると、仕事から帰り夕食をとった後、今日のニュースはテレビでチェックしますが、その後はタブレットで動画視聴をする時間が増えています。子ども達に目を向けると常時スマホで動画を観ています。さらにプライベートの時間だけでなく仕事中においても、デスクワーク中はBGMとしてYouTubeでお気に入りのアーティストが演奏する動画を流してイヤホンで聴いています。多数のユーザーは私と同じような習慣があり、スマートフォンやタブレットでオンライン動画を視聴されているのではないでしょうか。

 

検索結果で1ページ目に表示される可能性がある

Googleはインターネット上でどのコンテンツを最初に見せるかについて、それをより速く、よりよくすると公約しています。それは動画が検索エンジンの検索結果ページで最初に表示される理由と一致しています。

企業のWebサイトや個人が運営するブログ記事など、動画を組み込むことでGoogleの評価がプラスに働き検索順位が上がる可能性があります。

 

動画マーケティングは簡単に始めることができる

多くの企業が動画マーケティングを行うには多額の費用がかかると考えているという記事を見かけますが、それだけではないと感じています。まず、動画マーケティングの重要性がまだまだ知られていない。どのようなコンテンツを動画にしていいかわからない。社内の誰が担当となってリーダーシップをとるのか適任者がいない。といった企業も多いのではないでしょうか?そういったお悩みを是非当社へお聞かせください。お客様の状況をしっかりヒアリングし、どのような動画マーケティングを開始できるかご提案させていただきます。

 

●動画マーケティング・制作に関するお問い合わせはこちら

●「1日密着採用動画」制作サービスをスタートします!