Web related informationWeb業界情報

2019年 アクセス数が多いWebサイトは? TOPはGoogle

マーケティング調査・コンサルティングサービスを提供するヴァリューズが調査した2019年1月~10月の「Webサイトアクセス数」「スマートフォンアプリの起動数」をご紹介します。

 

Webサイトアクセス数

1位:Google

2位:アマゾン

3位:楽天市場

 

これら上位3サイトはパソコンとスマートフォンからのアクセスを合わせて、のべ1億人以上がアクセスしており、日常利用が定着している模様。

 

SNSに着目すると

5位:Twitter

10位:Facebook

となっていますが、これらは後述するアプリへのアクセスも考慮する必要があると思います。

 

数年前は1位がYouTubeだったと記憶していますが、2019年は8位となっています。

 

上位TOP15位までは、検索サイトやショッピングモール、ブログポータル、SNSが占めており、企業の製品・サービスサイトとしては

16位:ゆうびん(日本郵便)

23位:ヤマト運輸

28位:NTTドコモ

30位:日本放送協会(NHK)

となっています。

 

昨年2018年と比較したユーザー増加数ランキングでも「Google」はTOPとなっており、SNSアプリ内での検索が増加していると言われていますが、Webサイトでの検索ニーズはより一層高まっているようです。

 

アプリ起動数

1位:LINE

2位:Twitter

3位:アマゾン ショッピング

 

アマゾンはアプリでも3位に入っており、Webサイトアクセス数と合算するとGoogleを上回るユニークユーザー数を獲得しています。

4位はFacebook、6位にinstagramとなっています。

 

また、対前年の伸び率で見ると、キャッシュレス決済が普及した2019年は

1位:paypay

2位:d払い

3位:セブンイレブン

となっています。

 

●記事元はこちら