Web related informationWeb業界情報

SEOに重要なコンテンツタイトルのポイント

Webマーケティングを行う上で、最も重要と言えるコンテンツ企画・制作。

そのコンテンツのタイトル文は検索結果に表示されると共に、ユーザーがサイト内容を判断しクリックするかどうかの重要な材料となります。

 

このコンテンツタイトルをSEOの観点からどのように最適化すればよいか、参考になる記事からポイントを抜粋してご紹介します。

記事元はこちら

 

SEOに効果的なタイトルをつけるポイント

①タイトルの文字数は30文字前後とする

現在のGoogleではタイトル文字数が多すぎると、Google側が文字内容を調整して検索結果に表示することがあります。調整内容によってはコンテンツ制作者が意図するメッセージが伝わらなくなる可能性もありますので30文字前後でまとめることが重要と言われています。

 

②ターゲットユーザーが検索するであろうキーワードを含める

コンテンツ内容はどのようなターゲットに向けて書かれたものか明確になっている前提ですが、タイトル内にもそのターゲットが検索するであろうキーワードを含めて作成する必要があります。

ここで重要なポイントが

・キーワードはユーザーが検索するキーワードになっているか

専門用語や一般的に使用されないキーワードを含めても、ターゲットとなるユーザーがそのキーワードで検索しなければ意味がありません。自分で設定したキーワードで検索した結果が、1ページ目の上位に表示されたとしても、その検索結果画面が表示される回数が少ないのではアクセス数は増えません。

 

・コンテンツ内(ページ内)にタイトル内で含めたキーワードを入れる

タイトルに含めたターゲット向けキーワードが、ページ内に全く出現しないというのは問題です。Googleはページ内の文脈も判断していますので、タイトルの意味・意図とページ内の文章が伝える内容が異なるようでは上位表示は難しいと考えます。

 

・ターゲットを明確にする

誰に何を伝えるのか。コンテンツを制作する上でまず明確にすることが必要となります。誰に読んでもらうことでコンテンツの価値を評価してもらいたいのか、あるいはターゲットのお困りごとを解決するような情報となるのか、ターゲット目線でタイトル、ページ内コンテンツを構成する必要があります。

 

・最も重要なキーワードはタイトル冒頭付近に置く

昔から重要なキーワードほど左側へ(タイトル冒頭へ)置くと言われていますが、これは現在も変わらないようです。また30文字前後のタイトル内に複数のキーワードを詰め込みすぎることもSEO上、逆効果になると言われています。

 

SEOの考え方、対策方法も常に変化しています。一昔前に流行した意図的なキーワード設定や人工的な方法で被リンクを増やすなどは通用しませんし、Googleからペナルティを受ける可能性もあります。

ターゲットユーザーにとって価値あるコンテンツとは何かを追求して制作していくことが重要だと考えます。