Web related informationWeb業界情報

SNS動画広告のエンゲージメント動向

株式会社ジャストシステムが発表した「動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編」からピックアップして情報提供します。

 

動画プラットフォーム動向について

●「1週間に1回以上、動画を視聴する」と答えた人のうち、「普段、動画コンテンツを視聴するプラットフォーム」として挙げたのは

・2019年12月度調査:「YouTube」(87.4%)、「Twitter」(33.1%)、「Instagram」(26.2%)

・2017年12月度調査:「YouTube」(89.2%)、「Twitter」(31.1%)、「LINE」(22.5%)、「Instagram」(21.8%)

この2年間、「YouTube」が突出して動画プラットフォームとしての利用率が高い。

 

最も動画広告を見かけたプラットフォームは?

・2019年12月度調査:「YouTube」(78.3%) 年代別割合:10代(84.0%)、20代(72.4%)、30代(80.2%)、40代(80.8%)、50代(78.7%)、60代(77.1%)

・2番目に多かった動画プラットフォーム(年代別)

10代:「Instagram」(30.7%)

20代:「Twitter」(31.4%)

30代:「Twitter」(19.0%)

40代:「Webサイト」(17.7%)

50代:「LINE」「Webサイト」ともに(15.4%)

60代:「Webサイト」(25.7%)

 

過去2年で動画広告を見る人の割合が増えたプラットフォームは「Instagram」

2019年12月度調査:16.0%(年代別割合:10代(30.7%)、20代(25.6%)、30代(15.9%)、40代(11.5%)、50代(9.6%)、60代(5.5%))

2017年12月度調査:12.0%

4.0ポイントの増加

 

SNS動画広告のエンゲージメント率が上昇、50代のみ低下

SNSやキュレーションアプリのタイムラインに配信される動画広告のエンゲージメント率

2019年12月調査:10代(38.6%)、20代(44.2%)、30代(25.4%)、40代(16.9%)、50代(10.3%)、60代(13.8%)

2017年12月調査:10代(34.2%)、20代(29.4%)、30代(21.8%)、40代(14.5%)、50代(17.2%)、60代(12.4%)

※エンゲージメント率:動画広告を見かけ、「購買やクリックなど何らかの行動につながった」「その内容に興味を持った」と答えた人の合計。

 

20代の6割はライブ動画の視聴を経験

動画視聴経験者のうち、リアルタイム配信される「ライブ動画を視聴したことがある」人の割合

2019年12月調査:10代(50.5%)、20代(60.3%)、30代(53.6%)、40代(45.3%)、50代(35.9%)、60代(33.8%)

「ライブ動画を視聴するプラットフォーム」として最も多くの人から挙がったのは、「YouTube」(73.8%)、「Instagram」(29.4%)、「ニコニコ生放送」(28.7%)

 

【調査概要】

調査主体:株式会社ジャストシステム

調査期間:2019年1月~2019年12月の間、毎月1回実施

調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~19歳の男女50名ずつ、加えて20歳~69歳までを10歳ごとに男女100名ずつ割り付けて回収(合計1,100名)

調査方法:セルフ型ネットリサーチFastaskでのアンケート調査

 

●記事元はこちら