Web related informationWeb業界情報

地元PR動画紹介。第1回ふるさと動画大賞に輝いた動画は!?

東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される年、インバウンド需要がさらに高まることを期待し地方都市の地元PR動画も素晴らしいコンテンツが次々と制作されているようです。

下記にて観光プロモーション動画やインバウンド動画をご紹介します。

●第1回ふるさと動画大賞動画 宮崎県日向市PR動画「Net surfer becomes Real surfer」

2019年12月18日、一般財団法人地域活性化センターが発表した「第1回地域プロモーション大賞」の中で、「第1回ふるさと動画大賞」の大賞に宮崎県日向市の「Net surfer becomes Real surfer」が選ばれました。
ふるさと動画大賞は、地域の魅力を国内外に発信するプロモーション動画の中で特に優れている映像に贈られる賞となっています。

ストーリーは「失恋」から始まります。サーフィンと全く縁のない一人の男性が、失恋をきっかけにネットサーファーから本物のサーファーになっていく、ユーモアと努力を軽快な音楽に乗せて美しい水平線、止めどなく打ち寄せる波、しばらく見入ってしまうほどの美しい夕焼けなど日向市のサーフィンスポットが紹介されています。

●全撮影スタッフが外国人の滋賀県インバウンド動画

滋賀県の観光情報を発信する「公益社団法人 びわこビジターズビューロー」が公開した、撮影スタッフ全員が外国人による外国人目線に立ったインバウンド向け動画。

「外国人目線」というところがポイント。日本人から見ると当たり前の景色や観光資源が外国人目線だとこのようなPR動画になるようです。苔、絵馬、お漬物がフォーカスされている点は特に外国人の琴線にふれる映像なのかも知れません。

●日本遺産「鞆(とも)の浦」を3つのテーマから紹介した旅番組風PR動画

当社地元の観光名所「鞆の浦」(広島県福山市)。日本遺産鞆の浦魅力発信協議会が公開した鞆の浦の魅力を国内外に発信するプロモーション動画。

「竜宮城に迷い込んだかのように、時の流れが変わる」というナレーションに乗せて、鞆の浦の世界観、瀬戸内の多島美が映し出されます。体験・食・祭の3つのテーマで日本語・英語・フランス語の3ヵ国語にて制作されているようです。本動画は「体験」をテーマにした日本語版「ともにたのしむ Discover Tomonoura Together」となります。

●記事元はこちら
動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア「VIDEO SQUARE」
・過去と未来のオリンピック選手の対談動画公開!お買い物パンダ×TikTokほか
・地元PR動画5選!おばあちゃんサーファーがカッコいい日向市PR動画ほか