Web related informationWeb業界情報

SEOの本質は「コンテンツとリンク」

ますます複雑かつ難易度が高くなっていると感じるSEO。そんな中、SEOの本質を捉え、シンプルに解説している記事を見つけましたのでご紹介します。
●記事元はこちら

タイトルにあるように、SEOの本質は「コンテンツとリンク」という視点から、詳細を解説します。
ここで言う「コンテンツ」とは役に立つコンテンツと定義されます。そして「リンク」とは関連性の高いリンクとなります。

しかし、様々なSEO情報をキャッチすることで、
・新たなトレンドや戦術を追求する
・検索順位の変動に過剰反応する
・title要素の長さにこだわる
など、SEOを必要以上に複雑にしているように思うと指摘。

●「役に立つコンテンツ」を制作する方法
SEOではすべてがコンテンツに始まってコンテンツに終わるということを認識する
この認識を持たず、Google広告やSNS広告に取り掛かるWeb担当者は多いと感じます。確かに有料広告を開始することで一時的なアクセス数は増えるでしょう。しかし広告の目的・ゴールはコンバージョンやブランディングにあるはず。広告をクリックして訪問したユーザーは質の低いコンテンツを見てコンバージョンに至るでしょうか?むしろイメージダウンの可能性もあります。

コンテンツは訪問者を引きつけて魅了することで、企業や商品のブランドと良好な関係を築き、望ましい行動を訪問者に促すきっかけとなります。またGoogleが発信しているように、役に立つコンテンツが検索結果の順位を決める要因の一つであることをしっかり認識することが必要です。

コンテンツ制作を行う上で、すべてはキーワード調査で始まり、キーワード調査で終わる
役に立つコンテンツを制作する際、キーワード調査を怠るということは、単なるコンテンツ制作ためのコンテンツ制作となってしまいます。 しかし適切なキーワード調査を行うことで、検索結果の見える化(上位表示)を高めるターゲティング型コンテンツ戦略を生み出すこととなります。

●キーワード調査の方法
キーワード調査を行う際、自社のビジネスに対し、ターゲットがどのようなキーワードやフレーズで検索するかを見つけ出す必要があります。単にキーワードといっても様々な単語があり、検索結果の競合性もあります。非常に高い競合キーワードの場合、短期間で上位表示は難しいでしょう。

まずはすでにサイトを訪問しているユーザーがどのようなキーワードで検索しているかを知ること。これはGoogle Search Consoleの検索クエリで確認できます。ここに表示されているキーワードを自社のビジネスに関する基本的なキーワードと位置づけ、そこから複合キーワードや類似キーワードを調査することで、コンテンツ内に組み込むべきキーワードを選定することができます。

ターゲットキーワードの選定を行ったら、実際にコンテンツを制作することになりますが、制作して完了ではありません。PDCAのマネジメントサイクルにある「Check」「Action」を繰り返し行うことが必要となります。

まさしく、「コンテンツに始まってコンテンツに終わる」ということを当然のごとく捉え、継続的なキーワード調査、コンテンツ制作、検証、改善を行うことが重要だと考えます。