Web related informationWeb業界情報

Eコマース利用率が大きく増加したのは40代。最も伸びたアプリは?

ジャストシステム社が調査した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年8月度)」からEコマース利用者情報とECアプリ利用状況をご紹介します。

●Eコマース利用率が最も高まった年齢層は40代

2020年8月にEコマースで商品を購入した生活者の割合は56.9%。

2019年8月度調査は43.5%で、13.4ポイント増加したとのこと。

年代別に見ると、

・10代:+6.0ポイント

・20代:+19.0ポイント

・30代:+14.5ポイント

・40代:+22.0ポイント

・50代:+12.0ポイント

・60代:+3.5ポイント

●Eコマースアプリの勢力図に変化の兆し?

Eコマース利用経験者で、スマートフォンアプリからEコマースを利用すると答えた生活者の利用しているアプリは、

・楽天市場:71.5%

・Amazon:68.0%

・Yahoo!ショッピング:46.9%

また2019年8月度調査と比較して、最も利用率が伸びたアプリは

・UNIQLO:+9.7ポイント

・楽天市場:+7.4ポイント

・ZOZOTOWN:+3.2ポイント

※いずれの質問も複数回答あり。

●商品購入への寄与は「メールマガジン」が断トツ

Eコマース利用経験者がECサイト、ECアプリから新商品やキャンペーン情報を受け取っている方法は

・メールマガジン:59.1%

・アプリのプッシュ通知:24.9%

・ダイレクトメール:21.0%

・SNS:21.0%

また最も商品購入につながっている方法は

・メールマガジン:44.7%

・アプリのプッシュ通知:11.1%

・SNS:10.8%

【調査概要】

調査主体:ジャストシステム

調査期間:2020年8月17日~21日

調査対象:17歳~69歳の男女1,100名

●記事元はこちら