Web related informationWeb業界情報

求職者のニーズは「柔軟な働き方に対応する会社」へ。優秀な人材から選ばれる企業とは?

あらゆることが大きく、スピーディーに変化した2020年。その一つがワークスタイルの変化と言えるでしょう。

「会社に出社して働く」というこれまでの常識が、必ずしも最適解ではないことに多くのビジネスパーソン達が気づくきっかけにもなりました。

この気づきと環境変化により、企業はリモートワークや在宅勤務など柔軟な働き方への対応がより一層求められるようになり、人口減少が続く中、優秀な人材を確保するための必須要件となりつつあります。

2020年を機に求職者のニーズはどのように変化しているのか、また、優秀な人材から選ばれる企業になるためにはどのようなことが必要なのか‥‥‥

●記事元はこちら

求職者のニーズ

1.オンライン面接の実施有無が応募意向に影響する

人材総合サービス大手エン・ジャパンのグループ会社エンワールド・ジャパンが行った調査によると、同社のサービスを利用する転職希望者の43%が「オンライン面接の実施有無が応募意向に影響する」と答えました。

そしてその理由として挙げられたのは、

1.新しい時代の変化にスピーディーに順応できる企業かどうかが分かる
2.有事の際に柔軟な対応ができる企業かどうかが分かる
3.応募者や面接官の安全に配慮している企業かどうかが分かる
4.企業を訪問する手間を省きたい
5.遠方の企業でも応募できる

上記理由の1.2.3は企業のスタンスを重要視しているもので、その傾向は若い人材ほど顕著に表れているそうです。すなわちオンライン面接やリモートワークを実施しているかどうかで、その企業の意思決定のスピード感や柔軟性といった文化が透けて見え、求職者から見ても企業の魅力度が上がっていると言えるでしょう。

2.新型コロナ以降、求職者の大半がリモートワークを希望

求職者が在宅勤務を始めとしたリモートワークができる環境を企業に求める機会も珍しくない状況となっています。転職希望者の7割が新型コロナウイルスをきっかけにキャリアや転職についての意識が変化したと回答。そのうちの半分がリモートワークを中心とした新しい働き方を軸に求職している状況。

意識がどのように変化したかというアンケートに対し、

1.リモートワークが中心となる新しい働き方を希望
2.個人の能力・スキルアップへの意識向上
3.会社に依存した働き方への不安
4.副業・ダブルワーク等により副収入を増加したい
5.安定した企業への転職や副業等で失業リスクを減らしたい
6.家族や知人と過ごす時間を増やすために労働時間や働き方を見直したい
7.キャリアアップ・キャリアチェンジで固定収入を増加したい

という回答が出ています。

優秀な人材から選ばれる企業になるために

1.採用の裾野を広げる

オンラインによる採用やリモートワークを積極的に行うことのメリットとして、勤務地や働き方の制約条件が少なくなり、採用の裾野を広げることができます。

採用選考のオンライン化によって、選考プロセスでも他社に競合優位性を発揮する結果となり、選考のスピード化が優秀な人材の獲得につながる可能性があります。

2.ベンチャー企業が優秀な人材を獲得できるチャンス

前述しましたオンライン採用やリモートワークを取り入れることで、競合優位性が発揮され小さなベンチャー企業であっても優秀な人材を獲得できる可能性が生まれます。

転勤が多いことに不満を持っている方や、地元に帰って就職&永住したいという希望をお持ちの方など、働き方と働く場所に対し柔軟性を持って対応できる企業ほど求職者への魅力付けにつながります。

このように求職者が求めるニーズに対し、柔軟に対応した働き方を認める企業が増えている中で、体制が整っていない企業は採用力で劣るだけでなく、社員の離職率が高まるリスクもはらんでいます。

優秀な人材を獲得するために、時代の変化に合わせた企業文化を作っていくことが求められています。

採用支援サービスはこちら

記事元並び詳細はこちら