Web related informationWeb業界情報

約3人に1人が「音声メディアを日常的に利用」。今後の注目メディアは?

様々なSNSが生まれては消え、そしてまた新たなツールが誕生する繰り返しの中、最近注目されている「音声メディア」。

トレンダーズ株式会社が実施した「音声メディアに関する利用実態調査」の一部をご紹介します。

2021年1月末、シリコンバレー発の音声SNS「Clubhouse」がネット上の話題を席捲する中、日本国内のIT系メディアでも「Clubhouse」を紹介した記事が増えてきています。

ネクストトレンドとして注目を集める「音声メディア」はどこまで普及するのでしょうか?

30%以上が音声メディアを日常利用、「音声SNS」の台頭に注目

「日常的に使っている音声メディア」に関する調査結果として、31.6%が「何かしらの音声メディアを利用している」と回答。約3人に1人の日常に溶け込んでいることが判明。

日常的に音声メディアを利用している人に絞って、その利用メディアを調べた結果、

1位:radiko 68.1%
2位:Spotifyポッドキャスト 18.1%
3位:ポッドキャスト(AppleまたはGoogle) 13.3%
4位:Discord 12.7%
5位:ラジオクラウド 4.2%

また、今後使ってみたい音声メディアは?という質問に対しては

1位:radiko 28.9%
2位:Spotifyポッドキャスト 12.2%
3位:ポッドキャスト(AppleまたはGoogle) 11.6%
4位:Clubhouse 8.6%
5位:SPOON 5.7%

という結果に。「Clubhouse」や「SPOON」はフォロワーやトークルームといったユーザー間の双方向コミュニケーションであることが特徴と言えます。

記事元では、音声メディアを使う理由、音声での人気条件などが紹介されています。
●記事元はこちら