Web related informationWeb業界情報

Google 2021年最初のコア・アップデートを実施。その概要とは!?

コア・アップデートとは、「コアアルゴリズムアップデート」の略称で、Googleが検索アルゴリズムを見直して、検索結果を大幅に改善するためのアップデートのことです。

日本時間の6月3日(木)未明、Googleからコア・アップデートを行うとのアナウンスがされ、同日ロールアウトされました。

2021年最初のコア・アップデートに関する最新情報をお届けします。

今回のコア・アップデート概要

Googleによる検索アルゴリズムの小規模な更新は日々行われますが、コア・アップデートによる大規模な(広範囲な)更新は年に数回(2~4回程度)実施されます。

今回のコア・アップデートで注目すべき点は、2021年6月3日の実施内容は一部のみ展開され、残りの部分は2021年7月に展開となることです。これは2部構成となり、6月・7月と立て続けにコア・アップデートが展開されることとなります。

Googleが発信しているTwitterからの情報によると、「コア・アップデートによって、一部のコンテンツのドロップまたはゲインが発生する可能性があります。このリリースは2部構成になっているため、コンテンツのごく一部が6月に変更され、7月に逆転する可能性があります」とあり、6月の検索順位が下落しても、7月のコア・アップデートで順位回復する可能性があるとのこと。一方、その逆もあります。

尚、コア・アアップデートが完全に展開完了するまで1週間~2週間かかります。6月3日から1週間後の6月10日、2週間後の6月17日あたりに展開が完了するということになります。

なぜ2部構成のアップデートなのか?

なぜGoogleは2つの異なるコア・アップデートを1カ月後に実施するのか?という疑問に対し、Googleは6月のアップデートで予定していた改善点の一部が、今月中にリリースするには十分な準備ができていないとコメントしているようです。

そのため、準備が出来た部分を先に実施し、残りの部分を翌月にロールアウトするとしたとのこと。尚、2021年7月のコア・アップデートがいつリリースされるかについてはGoogleが随時発表を行います。

キーワードジャンル別の順位変動幅状況

今回のコア・アップデートによって、各キーワードジャンルの順位変動幅が軒並み大きくなっているようです。

特に「IT総合」や「暮らし・結婚・恋愛」のジャンルを筆頭に順位変動幅が大きく、また「健康と医学」「財務、金融、法律」といったYMYL(Your Money or Your Life)系キーワードの順位変動幅の大きさが目立ちます。

こうした状況から、通常よりも全体的に順位変動幅が増大している状況が伺えるとのことです。

コア・アップデートの対策方法

Googleが公式に言及している対策方法は、主にE-A-TやUX、ユーザーが求める情報を提供するといったコンテンツに関するアドバイスが中心となっています。

・E-A-Tを高める

E-A-Tを高めるには専門性を考慮します。例えば十分な知識を持った専門家がコンテンツを作成したとします。この場合、専門性が高くなりやすいので、Googleから評価されやすくなるというわけです。

また、専門性だけでなく、権威性や信頼性を考慮することもE-A-Tを高めるうえで重要です。

・UX(ユーザーエクスペリエンス)を高める

UXを高めるには、モバイルでの使い易さを考慮する必要性があります。

例えば、スマホでサイトを見た時に、ブラウザの横幅から画像やテキストがはみ出ずにコンテンツがちゃんと収まっているとします。この場合、モバイルユーザーの利便性が高まるので、Googleから評価されやすくなるというわけです。

また、主要コンテンツの閲覧を妨げるような広告を無くしたり、ページの読み込み速度を速めることもUXを高めることに繋がります。

・ユーザーが求める情報を提供する

ユーザーが求める情報を提供するには、競合上位のWebページを考慮します。

例えば、SEOキーワード(上位表示したいキーワード)で検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容を採用して、自身のページを作成します。

このときにタイトル名には、SEOキーワードを必ず含めます。そうすることで、ユーザーの求める情報が盛り込まれたページとなるので、Googleから評価されやすくなります。

まとめ

最近のコア・アップデートではYMYLの中でも健康系のキーワードで動きやすい傾向にあります。

コア・アップデートで検索順位が下落してしまった場合、他者からよりよいページやサイトであると評価されるようにコンテンツを改善する必要があります。

多くの場合、コンテンツを改善したからといってすぐに順位が上昇するわけでなく、次のコアアップデートを待つ必要があります。

Googleは長期的にそのようなシグナルをE-A-Tとしてとらえて評価していると考えられますので、引き続き長期的な視点でコンテンツ改善の取り組みを続ける必要があります。

●参考記事
https://marketimes.jp/google-june-2021-core-update/
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/june-2021-core-update-fluctuation
https://seolaboratory.jp/93405/