Web related informationWeb業界情報

コロナ禍の新卒採用、動画活用で他社と差をつける!

コロナ禍の影響もあり、採用活動のオンライン化が進んでいる昨今、オンラインとオフラインを組み合わせた採用活動の一環として、戦略的な動画活用方法を参考サイトから抜粋してご紹介します。

採用フェーズごとの課題に合わせた動画制作が重要

動画は音と映像で構成されている為、静止画や文章と比べて膨大な量のメッセージをスムーズに視聴者へ伝えることができます。

また、視聴者の感情に働きかけやすいため、数値化が難しいブランドメッセージ、企業文化や職場の雰囲気などを伝えたい場合に最適なコンテンツと言えます。

企業文化や職場の雰囲気をビジュアル的に表現するインフォグラフィックスと合わせることで、より具体的且つわかりやすく伝えることができます。

採用動画を制作するポイント

採用に動画を活用する際には、計画的に動画コンテンツを設計して制作していく必要があります。なぜなら、エントリー→選考→内定の各フェーズで生じる課題は異なり、課題に合わせて動画コンテンツに込めるメッセージを変えなければならないからです。

この応募採用プロセスは、マーケティングファネルのフレームに当てはめることができ、動画コンテンツは各フェーズで有効です。

採用における課題として
・エントリー数を増やしたい
・応募者の質を高めたい
・内定者をつなぎとめたい
という3つの課題があると思います。それぞれの課題が採用プロセスのどこに属しているのか、どのような動画コンテンツが有効かを見極めましょう。

3つの採用課題それぞれに最適な動画とは?

1.エントリー数を増やすためには?

エントリー数の増加を図るには、学生との最初の接点である採用サイトなどで、企業や業務内容を正しく理解してもらい、「興味」をひき、「魅力」を感じてもらうことが不可欠です。

しかし、学生に認知度が低い業界・職種や、先入観からネガティブなイメージを持たれやすい業界では、そもそも採用サイトに来てもらうための仕掛けが必要で、大手採用支援サイトやSNS広告が有効な手段となります。

SNS広告で有効なのが、現場の本当の姿をリアリティを持って伝えることができる動画です。

有効なコンテンツとして、「会社紹介」「社員パフォーマンス」「オンライン説明会」などがあります。

2.採用動画で応募者の質を高めるためには?

企業名やイメージだけでエントリーする学生が多いなど、業界・会社への理解度の浅さから、求めている学生と出会えないというミスマッチを課題にする企業もあります。

そのような課題に有効なのが、説明会や採用サイトで「魅力」を感じてもらうための動画活用です。企業にとっては選考前に自社の魅力や求める人材をアピールする場となります。

動画では、企業文化などのリアルな情報を伝えることができるため、イメージ先行でエントリーした学生に動機の形成を促し、ミスマッチを減らすことで応募者の質を高めることが期待できます。有効なコンテンツは、「求める人材像」「社員インタビュー」などがあります。

3.採用動画で内定者をつなぎとめるには?

優秀な人材が集まった後に、大きな課題となるのが学生側の辞退です。優秀な学生にいかに自社に入社してもらうかという他社との採用競争に勝ち抜く必要があります。

もっと会社の雰囲気を知りたい、入社する前に業界や職種について詳しく知りたいという思いに答えるようなコンテンツを用意し、内定者をつなぎとめる必要があります。

学生にとって、企業のアピールや広告色が強いものは受け入れられません。コンテンツとして有効なのは「社員からのメッセージを撮影した動画」、「そこで働いている自分をイメージしやすい動画」などです。

●当社の採用プロモーション支援サービスはこちら

●記事元はこちら