Web related informationWeb業界情報

Google 2021年コアアップデート第二弾開始

Googleが日本時間6月3日に2021年最初のコアアップデートを開始しましたが、その際アナウンスされていたとおり第二弾を7月1日(日本時間の7月2日未明)から開始したようです。

※コア・アップデートとは、「コアアルゴリズムアップデート」の略称で、Googleが検索アルゴリズムを見直して、検索結果を大幅に改善するためのアップデート。

第二弾のコア・アップデート概要

通常のコアアップデートと同様に、ロールアウト完了には1~2週間かかる予定です。そのため直近ではしばらく順位変動が起こる可能性があるとのこと。

また、先月(2021年6月)に行われたコアアップデートと2部構成となっているため、ごく一部のコンテンツでは6月に変更された内容が7月には逆転する可能性があるようです。

6月のアップデートでは、1次情報を持たないサイトの順位変動が特にみられましたが、今回7月のアップデートでもサイトカテゴリ問わず順位を注視していく必要があります。

コアアルゴリズムアップデートの対策について

2021年6月のコアアップデートの際に、Googleは検索品質向上に向けた取り組みについての記事を公開していますが、第二弾(7月)のアップデートにおいても同じ記事が引用されており、その内容を要約すると下記のようになります。

・更新の重要性
・ユーザーがより良い製品レビューを見つけやすくするための改善
・モバイルフレンドリー対応をしているかどうか

また、Googleが発表しているコアアップデートについてウェブマスターが知っておくべきっこと!|Google検索セントラルでは下記が記載されています。

・コンテンツに集中する
・品質ガイドラインとE-A-Tについて

上記ページ内容をしっかり確認し、順位に変動がみられた際には焦ることなく、ユーザーエクスペリエンスを第一にE-A-Tやガイドラインに沿ったコンテンツが用意できているか確認しましょう。

※E-A-Tとは、Googleが「質の高いコンテンツ」として定義している「専門性」「権威性」「信頼性」のこと。詳細はこちら

直近その他のアップデートについて

直近では、コアアルゴリズムアップデートの他に下記のアップデートの発表がありました。

・ページエクスペリエンスアップデート
・スパムアップデート

ページエクスペリエンスアップデート

2021年6月16日から展開が開始されたアップデートで、2021年8月末まで順次展開される予定とのこと。

もともとアルゴリズムに含まれていたページエクスペリエンス(ページの使い勝手に関する評価ポイント)に、Core Web Vitalsの指標が新たに追加となった部分が主な変更ポイントです。

※Core Web Vitalsとは、GoogleはWeb上で優れたユーザー体験を提供することが不可欠であると考えています。そのユーザー体験を向上させるためのガイダンスを提供するGoogleの取り組みを指します。詳細はこちら

スパムアップデート

2021年6月24日と6月29日の2回に渡り行われたアップデートです。

スパムと判断される可能性がある行為の一例は下記の通りです。

・自動生成されたコンテンツ
・リンクプログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんど存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク

まとめ

第一弾となる2021年6月3日のコアアルゴリズムアップデートの際に事前告知されていた今回のコアアルゴリズムアップデートにおいて、6月と同様に大幅な順位変動がみられる可能性があります。順位変動や流入の変化を注視しつつ、Googleが一貫して伝えている、ユーザーに対して優れたコンテンツを提供できているかを確認することが重要となります。

●記事元はこちら