Web related informationWeb業界情報

就活生の4割以上が企業SNSをチェック!

SNS運用・コンサルティングを行うSNSコーチが、「就職活動時のTwitter利用状況に関する実態調査」の結果を発表しました。

2022年卒業予定の大学生・大学院生107名から得た回答はいかに!?

企業のTwitterをチェックしている人・していない人はともに約4割

就職活動時に志望する企業・社長・社員に関するTwitterをどの程度チェックしましたか?という問いに対し

・301ツイート以上:2.9%
・101~300ツイート:3.7%
・51~100ツイート:9.3%
・11~50ツイート:9.3%
・10ツイート以下:13.1%
・志望企業が利用していなかった:6.5%
・特にチェックしていない:38.3%
・Twitterを利用していない:15.0%
・就職活動を行っていない:1.9%

という結果に。「特にチェックしていない」38.3%が最多ながら、なんらかのチェックをした人は全体の38.3%を占めた。志望企業がTwitterをしているかどうかは、最低限チェックしている人が多いようだ。

次に「ツイートをチェックした」と回答した41人に「チェックしたTwitterアカウントの種類」を聞くと

・会社公式:63.4%
・人事担当:51.2%
・社長:17.1%
・サービス公式:17.1%
・その他社員:12.2%
・取締役、役員:7.3%
・その他:9.8%

という結果となった。Twitterを通じて相手を把握しようとしている様子がうかがえる。

さらに「ツイートをチェックした」および「志望企業のTwitterがなくチェックできなかった」と回答した48人に「志望する企業・社長・社員がTwitterで発信していることによって、志望度に影響がでた経験がありますか?」と聞くと

・志望度が大きく上がったことがある:8.3%
・志望度がやや上がったことがある:39.6%
・志望度がやや下がったことがある:16.7%
・志望度が大きく下がったことがある:2.1%
・特にない:45.8%

志望度が上がった理由として「人事の考え方や社風を見ることができた」「公式サイトで見るより身近に感じやすかった」などの意見があがっている。

最後に「志望する企業・社長・社員がTwitterを行っていなかった場合、どのような印象を受けますか」との問いに対しては

・情報が無いので不安:16.5%
・胡散臭さを感じる:13.2%
・どのような人と働くのかイメージがわかない:12.1%
・トレンドやリテラシーが低い会社だと思う:7.7%
・風邪通しが悪い会社に見える:2.2%
・働きにくさを感じそう:2.2%
・その他:4.4%
・特にない:60.4%

という結果となった。

●記事元はこちら