Web related informationWeb業界情報

Google アルゴリズム更新で「検索結果のページタイトル変更」

以前からGoogle検索結果においてページタイトルが勝手に変更されていましたが、この度のタイトル生成アルゴリズム更新により、ページタイトルが大きく変更されるケースが目立っているようです。

検索結果ページに表示される項目のタイトルは、これまでも次の2パターンがありました。

・HTMLの<title>タグを使用
・検索クエリに応じてその他の要素からグーグルが独自に生成

今回のタイトル生成アルゴリズム更新では、以下のような変化があったようです。

・<title>タグ以外からのページタイトル生成をさらに積極的に行うようになった
・特に使用する要素として、
 -<h1>のような見出しタグ
 -大きなフォントや強調といったスタイル処理で見出し的に表示している要素
・以前のようなクエリ依存ではなくなった

つまりクエリに関係なく、ページの全体的な内容をより適切に表すタイトルを生成するようになりました。

一度、自社サイトの各ページがグーグルの検索結果でどのようなタイトルになっているか確認されることをオススメします。

そもそもグーグルが<title>タグの記述を必ずしも採用しないのは、不適切な<title>タグを設定したサイトがウェブには多いからだそうです。具体的に下記のような例をグーグルが挙げています。

・非常に長い
・キーワード数が多すぎる。※クリエイターは単語をたくさん追加することにより、ページの掲載順位が上がる可能性が高まると誤解しているため。
・タイトルタグがまったくない。または決まり文句が繰り返されている。たとえば、ホームページに単純に「ホーム」という名前が付けられたり、サイト内のすべてのページが「無題」と名付けられたり、単にサイト名がつけられたりすることもあります。

昨今のグーグルが推奨するSEO観点からすれば、納得がいく理由ではあります。

しかし、SEOコンサルやWeb制作会社、SEO情報を常に収集しながら記事を書くライターからすれば、検索結果でユーザーの検索ニーズに応えることをすばやく理解してもらうように、念入りに作り込んだタイトルを設定してるはずです。

にもかかわらず、望まないようなタイトルに変えられてしまうケースが続出しているようで、現時点ではあまり評判は良くないとのこと。

グーグルが示すような「タイトルを独自生成するほうが検索ユーザーにとって良い」場合とは異なり、入念に作ったタイトルを勝手に書き換えられてしまえば、検索結果ページでのクリック率が低下し、検索トラフィックが減ってしまうおそれがあります。

とはいえ、「このタイトルへの書き換えは納得がいかない」となっても、私たちにできることは少ないのが実状。ページに特定のタグを入れておけばタイトル書き換えを禁止するといった仕組みもないようです。

どうしても問題だと感じるタイトルが表示された場合、グーグルにフィードバックすることをオススメします。フィードバック方法はこちら

●記事元はこちら