Web related informationWeb業界情報

Z世代はめっちゃ検索してる!「若者は検索エンジンを使わない」は偏見だった!?

「ググる」から「タグる」という言葉が注目を集める昨今、若い世代ほどGoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンより、SNSで情報収集するといった行動特性を取り上げる記事が増えています。

これは果たして事実なのでしょうか?

そんな疑問を解消するべく博報堂生活総合研究所が、ヴァリューズが保有するスマホの利用ログをもとに独自の手法で分析すると、「若者は検索エンジンで検索しない」は必ずしも事実とは言えない結果が出たそうです。

2016年と2020年のブラウザでの1ヵ月の平均検索数

20代の1カ月平均のブラウザ検索回数を調査してみると

・2016年:約30回
・2020年:約40回

という結果に。30代や40代の調査結果よりも20代のほうがブラウザ検索を多く行っている(しかも2016年時点から)ということが判明しました。

若者特有の興味深い行動が明らかに!

さらに、若者特有の興味深い行動が明らかになりました。

・20代の約2人に1人は、ブラウザ検索をしているときに、同時にTwitter、Instagramも使っている
・約4人に1人は、ブラウザ検索と同時にLINE、YouTubeを使っている

どうやらSNSで出会った言葉を即座に検索で調べているようで、検索結果を確認後、またSNSに戻る。つまり、SNSの利用頻度の増加が検索エンジンの利用頻度増加にもつながっているようなのです。

こうした行動データがあれば、“若者は検索エンジンを使わない傾向があるので、SEOよりもソーシャルメディアマーケティングに舵を切るべき”なんて主張を聞いても、「そんな考えもあるよね」くらいに軽く受け流せるようになるでしょう。

もちろん、時代の変化に合わせてソーシャルメディアも上手に使ってマーケティングしていくことはもちろん重量なことです。そもそもの話で言えば「SEO」「SNS」などのメディアだけで考えるのではなく、「ユーザー」のカスタマージャーニーをもとにマーケティングを考えられるようになっていくことが重要なのでしょう。

●記事元はこちら