Web related informationWeb業界情報

企業が活用しているSNS、3位:LINE、2位:Twitter、1位は!?

Webマーケティングを支援するFaber Company(ファベル)が、「マーケティング担当のSNS活用実態調査」の結果を発表しました。

同社のミエルカコネクト事業部が実施したもので、マーケティング担当者465名から回答を得ています。

SNSを使っていない企業も3割ほど存在、BtoB・BtoC・ECで傾向差あり

「担当する商品やサービスのマーケティング活動に活用しているSNS」について聞くと、「SNSは利用していない」が28.2%と最多ながら、残る7割超はSNSを活用しているという結果に。

・YouTube:26.7%
・Twitter:25.6%
・LINE:23.4%
・Instagram:23.4%
・Facebook:21.7%
・TikTok:8.0%
・LinkedIn:6.7%
・note:4.5%
・Pinterest:3.4%
・SNSは活用していない:28.2%
・あてはまるものはない:20.4%

BtoB・BtoC・ECの3業態別では、BtoBは「YouTube」28.9%が最多、BtoC(CtoC含む)は「Twitter」33.9%が最多、ECは「Instagram」「YouTube」各35.7%が最多となり、明確に違いが出ている。BtoB動画では、ノウハウ系動画が多数投稿されているという。

さらに「マーケティング施策に活用しているSNSのなかで、もっとも効果が高いと感じるSNSについては、

・YouTube:16.7%
・Twitter:15.9%
・Instagram:14.6%
・LINE:14.2%
・Facebook:10.0%
・LinkedIn:4.2%
・TikTok:1.7%
・Pinterest:0.8%
・note:0.8%
・あてはまるものはない:20.9%

尚、業態別の差も、BtoBが「YouTube」20.7%、BtoCが「Twitter」22.3%、ECが「LINE」「Twitter」各18.2%が上位となっている。また業種別だと、「情報・通信」「製造業・メーカー」で「YouTube」が、「飲食・小売り」「不動産・金融」で「LINE」が上位になるなど、使い分けを感じさせる。

SNSの運用体制について、委託派と社内派で分散

「SNSの運用体制(広告出稿を含む)」を聞くと、

・すべて外部に委託している(企業やフリーランスなど):19.2%
・一部は社内で運用している(外部委託と社内のハイブリッド):42.7%
・すべて社内で運用している:38.1%

と分散している結果に。

尚、業態別では「EC」は84.8%が運用の全部・一部を外部に委託しており、高い比率でした。業務でみると、「飲食・小売り」「サービス関連」は外部への委託割合が低く、手弁当の傾向が高い。一方で「担当している商品やサービスにおいて、SNS人材が足りているか」については、「足りていない」64.9%が多数派なのが現状という結果に。

最後に「SNS人材の獲得方法」を聞くと、

・既存社員の抜擢、移動:37.7%
・人材紹介:27.2%
・求人広告:25.9%
・リファラル採用:20.9%
・人材派遣:20.1%
・フリーランス、副業人材の登用:19.7%
・その他:3.8%

SNS運用に高度な専門スキルが必要なことは、まだまだ認知されていないようです。

●記事元はこちら