Support Blog発注ご担当者必読情報

動画制作を種類別、事例付きで解説!一目でわかる動画まとめサイト

動画制作といってもターゲットや目的に応じて様々な動画があります。

今回は特に企業で活用する動画のパターンを事例を交えて紹介していきます。

あらためて一覧を確認することで、どんな動画から制作しようか悩んでいる方も、目的がはっきりして優先順位が明確になるでしょう。

動画を外注しようと検討されている方もイメージを伝えやすくなるでしょう。

WEB、動画広告制作 事例

動画広告とは、見込み客がYouTubeで閲覧時に、セグメントを配信して流す広告のことです。

そのための広告用動画となります。

テレビCMを出す予算が取れない企業でも、YouTubeでの動画広告であれば好きな予算(1,000円~)から始めることができます。

YouTube広告には複数パターンの広告があります。

特に有効なのが、5秒後にスキップ可能なインストリーム広告です。

なぜ有効なのかというと、動画再生時の初めに流れることでアピールでき、かつ30秒以内にスキップされれば無料だからです。

YouTube広告であれば、少額からテストでき認知獲得からランディングページに誘導し、見込み客を獲得する1つの戦略に活用できます。

WEBサイトに掲載する場合にもメリットがあります。

動画を掲載すること自体はSEO対策に変化はございません。

ですが、WEBサイトに埋め込まれた動画を見ることで商品、サービスの理解度が向上します。

動画を閲覧してもらうことで、サイトの滞在時間も増え、Googleの評価に良い影響があります。

効果計測をする場合は、Googleアナリティクスで滞在時間や直帰率を比較すると効果が確認できるでしょう。

YouTubeの広告費について

広告費の決め方はYouTube広告の種類によっても考え方が異なりますが、大きく2つあります。

1つは何件コンバージョンにつなげたいのか。(もしくは動画広告のクリック数)

2つめはいくらの予算があるのか。(予算10万円であれば、どれだけのインプレッションが出て、何件クリックされるのか、その内何件が成約につながるのか)

再生回数、再生時間、商品・サービスの競合によっても変わってきます。

あくまで目安ですが、1回あたりおよそ3〜20円が相場とされています。

YouTube広告の種類

様々な広告出稿方法があり、複雑だと感じるかもしれません。

そこで一覧表をご覧ください。

広告の種類課金方法
インストリーム広告動画視聴30秒以上 / 広告リンクを1クリックごとに課金
ディスカバリー広告広告リンクを1クリックごとに課金
バンパー広告表示回数1,000回ごとに課金
アウトストリーム広告広告面積の50%以上が2秒以上視聴される→視認範囲のインプレッションが1000回ごとに課金
マストヘッド広告表示回数1,000回ごとに課金 / 日別単価制

インストリーム広告

動画再生中、戦後に流れる広告。

動画の初めに流れるのが「プレロール広告」、再生途中が「ミッドロール広告」、最後が「ポストロール広告」といいます。

スキッパブル広告:動画広告をスキップ可能
ノンスキッパブル広告:動画広告をスキップ不可(表示回数1,000回ごとに課金)

動画視聴30秒以上または広告リンクを1クリックごとに課金。

ディスカバリー広告

検索結果画面、関連動画の横、モバイル版YouTubeのトップページに表示されます。

クリック課金。

バンパー広告

動画再生中に6秒以下のスキップできない広告。

動画再生前、途中、最後に流れます。

インストリーム広告と告知場所は同様です。

違いは右下にスキップボタンがない変わりに短い6秒以下で告知して終了します。

表示回数1,000回ごとに課金。

アウトストリーム広告

動画コンテンツ以外に表示される広告。

YouTube以外のウェブサイトに表示される動画広告で、モバイル。もしくはタブレットのみに表示される広告です。

音声のないミュート表示で再生され、クリックすると音声がオンになります。

YouTube動画外に告知できる反面、課金条件がシビアです。

特殊な課金方法で、広告面積の50%以上が2秒以上視聴されると「視認可能」となり表示回数としてカウントされます。

表示回数1,000回ごとに課金。

マストヘッド広告

YouTubeトップページ最上部に表示される広告です。

最大30秒音声無しで自動再生されます。再生が終わるとメイン画面はサムネイル表示に変化。動画又はサムネイルをクリックするとその動画のYouTube再生ページに移動します。

広告出稿には事前予約が必要です。

表示回数1,000回ごとに課金 / 日別単価制(1日1社限定で買取り)

1クリック型課金と、インプレッション型課金、そしてその他の課金方法があります。

広告予算や競合によって、戦略は様々です。

クリック型課金にむいている戦略

ターゲットを絞り込み、悩みを解決できる商品を販売する場合。どちらかというと認知拡大の宣伝広告向きではないでしょう。

本当に興味がある見込み客しかクリックしないので、無駄なクリック費用を抑えたい場合にも効果的です。

インプレッション型課金にむいている戦略

一気にアクセルを踏んでインプレッションを広める→クリック数が増える→広告の品質スコアが上がる→1クリックあたりの入札単価を下がる→露出をさらに増やす場合に効果的です。

YouTube広告のターゲティング

ターゲティングの配信は大きく2つに分けられます。

オーディエンスターゲティング:人を軸に絞り込む
コンテンツターゲティング:広告を配信する場所を軸に絞り込むターゲティング

オーディエンスターゲティング

ターゲティングの種類配信内容
ユーザー属性年齢/性別/子供の有無/世帯収入/
興味・関心がある属性類似商品や比較サイトの閲覧履歴/購買履歴等
リマーケティングYouTube動画広告に過去アクションしたユーザーに再度アプローチして配信(配信頻度、回数を設定可能)
地域エリア配信指定の地域/エリア
カスタムインテントオーディエンス指定キーワードや関連語句をGoogle検索したユーザー
アフィニティカテゴリユーザーの興味や関心、習慣の3項目(3項目からさらに細かい分類に設定可能)
ライフイベント結構式、引っ越し、マイホーム、転職など人生の大きなイベントに対して設定

コンテンツターゲティング

ターゲティングの種類配信内容
プレースメントYouTubeチャンネル/YouTube動画/GDNのWEBサイト/GDNのアプリ、表示したいサイトを設定可能
トピックGoogle(YouTube)が分類したトピックを選択。関連するウェブサイト、動画、チャンネルに配信
デバイス設定したデバイスに配信(パソコン、タブレット、スマートフォン)

モバイルオーダーペイ【スターバックスコーヒージャパン株式会社】 

さらっと快適、ここち良い【しまむらグループ】

しまむらで欲しい父の日アイテム4選【しまむらグループ】

企業プロモーション動画制作 事例

企業プロモーションといっても様々な動画が存在します。

その中でも特に多いのは会社全体の印象や、こだわり、社屋や社員さんを中心に全体的に撮影する動画がこれに該当します。

これによって期待できる想定効果は、テキストや画像では伝えきれない情報を与えることができます。

また、B to B の営業面でも、強みやこだわりが映像を通して理解できるので、展示会後の新規顧客獲得支援にもなるでしょう。

展示会場で映像を流したり、WEB展示会でのアプローチに使用することも有効です。

伊賀事業所 グローバルパーツセンタ【DMG森精機株式会社】

コーポレート動画【人材会社様】

JAPAN – Where tradition meets the future 【visitjapan】
※こちらは地域プロモーション動画です。

山口観光PR動画
※こちらは地域プロモーション動画です。

商品プロモーション動画制作 事例

企業プロモーション動画との違いは、商品を中心に焦点を当てた動画内容です。

注意点ですが、商品やサービスだけの情報を伝えると売り込みだと感じてしまいます。

ポイントは、ベネフィットをお伝えすることです。

ベネフィットとは、「この商品を使用すればどうなれるのか?」を明確にメッセージに落とし込みましょう。

「誰に」「何を」「どんな問題が解決できるのか」を決めた上で制作に入りましょう。

外注にお任せすると、よくあるのが商品の強みを全面的に押し出しすぎていることが少なくありません。

コードレスクリーナー【ダイソン】

選ばれたのは綾鷹でした【日本コカ・コーラ株式会社】

丸亀ランチセットCM【株式会社丸亀製麺】

サービス紹介動画制作 事例

商品プロモーション動画に近いイメージですが、こちらは動画を見たユーザーが複雑なサービスであっても理解できるような内容にすることです。

商品プロモーション動画の場合、マーケティングファネルだと、商品を初めて知る見込み客に対しての内容で訴求する動画です。

これに対して、サービス紹介動画の場合は、次のステップとして、すでに商品に興味があって検討段階に入っている状態に効果を発揮します。

また、複数の商品説明をまとめた動画より、一つ一つに動画を小分けした方がより理解しやすいでしょう。

会社紹介動画【アイベステクノ株式会社】

サービス紹介動画【株式会社BIZTEL】

理美容専用POSシステム【エクシードシステム】

インタビュー動画制作 事例

インタビュー形式の動画は、採用向けで活用するシーンが多いです。

代表の方の想いや将来の展望、社員さんの仕事に対するやりがいや入社してどう感じているか、入社したキッカケなど、

リクルーターが気軽に聞けないバックグラウンドを伝えると、安心感や興味関心を引き付けることにつながるかもしれません。

商品やサービスにも活用できます。

具体的な内容は、商品開発の想いや秘話を伝えることです。

ただ、機能が良いというアピールだけではなく、
なぜその商品が誕生したのか?
どんな人を想って、どのような痛みや悩みに効果があるのかを語ります。

ストーリーで伝えることで共感が生まれ、商品以上の付加価値がつくでしょう。

先輩社員インタビュー【株式会社松井】

想い、が追い⾵になる。インタビュー動画【オムロン ヘルスケア株式会社】

新卒採用動画 先輩社員インタビュー【株式会社サイバーエージェント】

SNS動画制作 事例

SNSを閲覧しているユーザーは、強く目的をもって何かを探していることは少ないです。

そういった背景もあり、目に止まりやすく、初めの3秒で動画を見たいと思わせることが非常に重要です。

例えば、見込み客が信じている常識を裏切る内容や、数字を用いた具体的な内容にすることで強力なフックとなります。

商品を探しているわけではないので、直接なオファーや商品の押し売りではなく、悩みや症状に訴求した内容である方が好ましい傾向があります。

動画広告にも当てはまることから割愛させていただきます。

採用動画制作 事例

企業のリクルーティングを促進させるための動画です。

今までご紹介した中でも複数の種類がありましたが、採用動画の中でもひとまとめにはできず細分化されます。

企業のプロモーション動画で企業の全体像を知ってもらい、もっと深堀りした部署ごとの密着動画や先輩社員インタビュー動画、後ほどご紹介する企業説明会動画がございます。

リクルーター目線で、現在自社がどの情報を一番伝えたいのか、伝えきれていないのか、どこがボトルネックになっているのかによって適切な動画を選択しましょう。

看護師採用動画-新人編-【豊栄病院 】

若手社員インタビュー【ソニーグループ株式会社】

エンジニア中途採用向け動画【ディップ株式会社】

新卒採用ムービー 「最高のチームは人づくりから」【トヨタ自動車株式会社 九州】

採用コンセプトムービー「始動。」【横浜市役所】

企業説明会動画制作 事例

近年ではオンラインでの採用活動も増えてきています。

企業説明会動画は、プロモーション動画や採用動画で認知・興味を引かせた後に、より詳しく情報を伝えてあげることに特化した動画になります。

アンケート収集したリクルーターの7割が、オンライン説明会の方がメリットを感じるという情報も。

●エン・ジャパン「600名に聞く、オンライン就活の意識調査」

ビジネスコース オンライン会社説明会【株式会社サイバーエージェント】

WEB会社説明会動画【株式会社アーバンリサーチ】

イラスト、アニメーション動画制作 事例

キャラクターやイラスト人物を使った動画です。

メリットは撮影モデル、機材、人件費がカットできることでコストが抑えることができる場合があります。

(ただ、多くの実績を経験する制作会社さんや高クオリティーの場合はその限りではありません。)

採用動画でも、社員さんが辞められたら使えなくなるという不安や悩みも少なくありません。

ですが、イラストキャラクターであればその心配から解放されますね!

その使い方は、商品説明から、リクルーティングまで幅広く活躍します。

君に届け。【セブンイレブン・ジャパン】

採用コンセプトムービー【株式会社ジーアングル】

まなびポケット【エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社】

サイネージ動画制作 事例

サイネージ動画とは、「映像による電子看板」のことです。

使用場所は、街頭、駅、空港、店舗、商業施設、展示会など多岐にわたります。

動画内容や告知次第では、多くの見込み客にアプローチできるでしょう。

テレビCM動画制作 事例

皆様ご存じの通り、年代、性別を問わず幅広く多くの消費者にアプローチできるメディアです。

テレビCMを流す場合、動画の制作費用とCM宣伝費が決められたサイクルで別途必要となります。

圧倒的な効果が発揮される場合もございますが、効果検証がしずらいことがデメリットだと感じます。

長期的戦略で消費者の頭の中に記憶させることで、選択肢があった場合、CMを思い出して購入してもらえることにつながります。

商品以外にも、採用面でも効果的で、何度か聞いたことのある社名と聞いたことがない社名の場合、当然認知がある方が親近感を抱いてもらいやすくなるでしょう。

牛丼テイクアウト10%オフ 【株式会社吉野家ホールディングス】

ニトリのNクール 【株式会社ニトリ】

ユニバーサルワンダークリスマス216【株式会社USJ】

まとめ

今回は様々な動画のパターンをご紹介しましたが、どの動画にも言えることは、テキストよりも画像よりも映像が一番理解しやすいことでしょう。

そして、動画の方が人の心を動かしやすいことがポイントだと感じます。

人が購買を決定する根幹的要因は、商品の利点やメリットではなく、感情で購入するからです。

弊社でも動画制作を承っております。

無料でご相談、お打合せも可能です。

●青葉印刷 お問合せページはコチラ