動画・映像制作

動画・映像制作

YouTubeをはじめとする動画サイトやスマートフォンの普及により、動画の視聴は私たちにとってより身近なものになりました。そして今、多くの企業が動画を活用してプロモーションを行っています。その背景には、動画は物事の全体像や雰囲気を短時間で伝えることに秀でたコミュニケーション手段であるという特長が存在します。私たちは、お客様の採用やマーケティング活動におけるコミュニケーション課題を解決すべく、成果を重視した動画・映像制作を提供しています。

萩原工業株式会社様

テラル株式会社様

ポエック株式会社様

株式会社リプロ様

実績一覧はこちら

用途と制作のポイントについて

用途 会社紹介

会社紹介動画は、ホームページや営業活動、さらには展示会場などで活用できます。会社の特長や強み、取扱商品やサービスをターゲットに伝える場合、どうしても情報量が多くなります。それを文字や写真で伝えようとすると、情報の受信者が能動的に理解しなければならず、ストレスが発生ます。その点、動画であれば、情報をストーリー化し映像化することで、受信者はストレスなく受動的に情報を理解することができます。 会社に関する情報は、短期間で変化していきますが、私たちは、新規動画制作はもちろんのこと、会社情報の更新に合わせ小規模なリニューアルにも柔軟に対応し、動画における会社情報の鮮度維持をサポートします。

用途 採用プロモーション

求職者に対して、求職者が最も知りたい職場の雰囲気を伝える上で、動画は最適なメディアです。職場の雰囲気を伝えるためには、社員様のリアルな活動風景、作業中の真剣な眼差しや笑顔、さらには社員様の肉声によるコメントなどが必要になるため、静止画や文字ではおのずと限界があります。
従って、職場の雰囲気は動画でなければ伝わらないとも言えるのではないでしょうか。
求職者が求める情報としては、職場の雰囲気だけでなく、先輩社員の活動状況、会社の業務内容や特長、経営トップの考え方や価値観など多岐に渡ります。
その一方で、視聴される動画にするためには、情報量を絞って視聴時間を短くまとめることが重要な課題となります。
そこで私たちは、求職者が求める全ての情報を一本の動画に盛り込むのではなく、動画の活用目的を「事業内容を伝える」「業務内容を伝える」「雰囲気を伝える」というふうに大きく3つに分類し、それぞれに焦点を合わせた動画・映像制作をお勧めしています。

1. 事業内容を伝えるための「事業説明動画」

会社の事業内容、つまり事業の目的や、どんな市場に向けてどんな商品やサービスをどんなことを特長として提供しているのかということ、さらには経営ビジョンや会社の歴史といった会社の全体像を求職者に理解してもらうための動画です。

2. 業務内容を伝えるための「社員1日密着動画」

実際の職場ではどのような仕事をして、1日をどのように過ごすのかを求職者に伝える動画です。社員様に1日密着して撮影を行い、業務に取り組まれる実際の様子や昼食の様子、同時に職場環境を紹介することで、求職者に入社後の具体的なイメージを掴んでいただきます。

3. 雰囲気を伝えるための「インタビュー動画」

雰囲気は、求職者が最も知りたい情報であり、企業選定を大きく左右する情報でもあります。インタビューを通して、複数の社員様に仕事のやりがいや魅力、苦労したことや嬉しかったことを語っていただいたり、社長様に自社の魅力や理念について語っていただくことで、高い訴求力が生まれると同時に親近感や好イメージを醸成することにも繋がります。

用途 商品・サービス紹介

動画は、商品やサービスの特長や全体像をわかりやすくユーザーにストレスを与えることなく伝えることができるため、Webプロモーションや営業活動における新規アプローチに最適なメディアと言えます。Webプロモーションが当たり前になる中で、動画コンテンツは、画像や文章で構成されたコンテンツに比べ訴求力があるだけでなく、SEO(検索順位向上)対策の面においても有効です。現在もっとも視聴されている動画サービスはYouTubeですが、検索結果の上位にはYouTubeにアップロードされた動画コンテンツが表示されています。またYouTube動画を埋め込んだページは、他のページに比べて検索結果が上位になりやすいというメリットもあります。さらに、YouTubeにアップロードされた動画は、短期間でGoogleの検索結果に反映されます。 商品やサービスのプロモーションにYouTube動画の活用は、必須と言えるのではないでしょうか。

用途 取扱・操作・手順説明

製品の取扱いや操作方法、設備のメンテナンス手順、また各種業務の進行手順についてユーザーやスタッフに理解を促す場面では動画マニュアルが有効です。
文章と画像で説明した紙媒体やPDFのマニュアルではわかりにくい内容でも、動画で説明することによって、操作や作業の流れやつながり、位置関係、スピード感といった様々な情報をわかりやすく説明できます。また、紙媒体やPDFのマニュアルを読むことにストレスを感じる人でも、動画での説明であれば、受動的にストレスを感じることなく理解を促進することができます。その他、指導者の負担軽減など、動画マニュアルを活用することで様々なメリットが生まれます。

ヒアリングから編集・納品まで、安心の動画・映像制作を提供いたします

私たちは、成果に繋がる動画をお客様に提供するため、最初のヒアリング作業を大切にしています。そこでお客様のご要望をしっかりと把握し、企画立案を進めて参ります。また、視聴者目線でわかり易い映像表現を実現するため、撮影だけではなくCG制作やアニメーション制作にも対応しています。

動画・映像制作の流れ

  1. お問い合わせ
    弊社営業マンが、動画の制作目的、納期や予算感についてヒアリングを行います。
  2. ヒアリング
    専門スタッフが、求める成果、MUST・WANT条件、撮影場所などについて、お客様とコミュニケーションを図ります。
  3. ロケハン
    撮影場所を下見して、撮影方法や必要な撮影機材を検討したり、シナリオ制作のための情報収集を行います。
  4. 企画案のご提案
    企画概要や構成案をご提案します。また、この段階でご予算やスケージュールのすり合わせを行います。
  5. シナリオ制作
    ナレーションやストーリーを作成し、その内容に沿った絵割りや時間割りを設定し、その内容を紙面(コンテ)にまとめます。
  6. お客様ご確認
    制作したシナリオをご確認いただきます。訂正や変更があれば、修正後、再度ご確認いただきます。
  7. 撮影
    ご了承いただきましたシナリオをもとに、カメラマンや照明マンがディレクターの指示のもと現地やスタジオで撮影を行います。
  8. CG制作
    撮影が出来なかったり、実写では内容が伝わりにくい場合に、CGオペレータがコンピュータグラフィックスでバーチャル映像を制作します。
  9. イラスト制作
    わかりやすく表現するため、あるいは雰囲気を演出するために、イラストレーターがイラストを制作します。
  10. アニメーション制作
    わかりやすく表現するため、あるいは雰囲気を演出するために、アニメーターがアニメーションを制作します。
  11. ラフ編集
    画面の特殊効果などは使用せず、全体の流れが分かるように映像の仮組みを行います。ナレーションを入れる場合も、プロのナレーターは使用しません。
  12. お客様ご確認
    お客様にラフ編集の内容をご確認いただき、大まかな構成や内容に相違がないかチェックしていただき、修正や訂正が必要な場合は編集時に調整します。
  13. 編集・音入れ
    特殊効果も含めた本番の編集を行います。この段階で、プロのナレーターのナレーションやBGM・効果音など、音声トラックの編集も行います。
  14. 納品
    DVDにデータを収録し納品させていただきます。DVDが複数枚ご入用の場合は、少量であればコピーにて100枚以上、あるいは再生の安定性を求められる場合は専門工場でプレス生産を行い納品させていただきます。