Planning and Production企画制作部 商品開発ブログ

VRを試してみました

先日、FacebookからVRヘッドセットOculus Quest 2(オキュラスクエスト2)が発売されました。

コロナ禍の昨今、企業のバーチャル展示会などの需要も増えてくるのではなかろうかと個人的にも興味があり、いろいろと試してみることにしました。

360度画像を作る

まず試したかったのは、360度画像の作成。RICOH THETAシリーズなど一般に市販されている360度カメラを使えば一発で画像を生成してくれます。

今回は、Googleのストリートビューアプリを使って、360度画像の作成を行ってみたいと思います。

作り方はかんたんで、「360°写真」ボタンを押してカメラの向きを点に合わせて動かしているだけで360度分の画像を撮影してくれます。

画像データは公開しなくてもスマホ本体に保存されてありますので、それを使います。

取り出した画像データをよくみると、つながっていない部分があります。完全につないでくれるわけではないようです。

今回は Adobe Photoshop CCで、つなぎ目を修正していきます。CCには「球パノラマ」や「コンテンツに応じた塗りつぶし」など、便利な修正機能がありますので、以前よりは楽になったと思います。

このように、つなぎ目を修正します。画像をクリックするとVR用ページが開きます。

できました! VRヘッドセットで見ると臨場感があって良いですね!

アバターを作る

Oculusは、 Oculus Avatar SDK で3Dキャラクターを作ることができます。

また、「VRChat」というソーシャルVRアプリ内で使用できるアバターとワールドを作ることもできます。

いずれも難度は高いのですが、Unityと各種SDKで開発できる環境がすぐ整うのは助かります。

Adobe CC の Mixamo の3Dキャラクターを使ってテストしてみます。

Mixamo から.fbx形式でエクスポートして、Unity へインポートします。

その前に試しにBlenderでデータをのぞいてみるとこんな感じ。
試しに、Adobe Dimension CC でレンダリングさせてみるテスト。

Unityに XR Plugin Management パッケージと OculusのSDK をインストール。

このままでは、関節を認識していないので、メニューのGame Object>3DObject>Regdoll… から、以下のようにボーンを設定します。

実際にやってみると、ポリゴン数の調整やモデルの設定などハマるポイントが多いのですが、動かせるモデルを作成できるのは面白いと思います。

参考)Unity+Oculus Quest2開発メモ

おわりに

個人的な感想として、このような製品がもっと出てくれば普及が加速するのではないかなと思います。

今後、一般にもっと普及していけば、販促に間違いなく使えると思いますので、これからのVRの動向に注目です。

TVer・YouTube広告・Instagram広告・グーグル広告

OTT広告・Web広告・SNS広告

ターゲットの年齢・居住地などを絞ってバナー広告や動画広告を配信できます。主に若い世代にリーチしやすく知名度を向上させることができます。
また、配信状況や視聴率の効果測定もできるも魅力です。

テレビCM・ラジオ・チラシなどのマスメディア

マスメディア

テレビCMやチラシ・ラジオなどで広告を配信できます。OTT広告・Web広告・SNS広告に比べてマスメディアでの広告は幅広い世代に訴求して知名度を向上させることができます。

交通広告

交通広告

バスのラッピング広告やJR駅構内での広告・サイネージ広告を配信できます。公共の機関での広告は信頼度を高めることができるだけでなく、同じユーザーに自然と何度も目につきやすくなります。

インフォグラフィック動画

インフォグラフィック動画

求職者がストレスなく視聴できる1分程度のイラストやグラフにナレーションなどを使用したアニメーション動画です。
短い時間で飽きさせず、会社の採用情報を簡単に理解してもらうことに有効です。

ホームページ

ホームページ

業務内容や強み、企業概要など会社の魅力を伝える重要なツールです。
なんとなく制作したものや、見た目が古いものでは役割を果たしません。構成やデザインなどしっかり構築することが採用成果に大きく影響します。

会社案内動画

会社案内動画

会社の特長や強み、商品やサービスの情報をストーリー化し映像化することで、ストレスなく受動的に情報を理解してもらうことができます。
また、ドローン撮影やCG・360°動画で表現するのも効果的です。

採用ページ

採用ページ

採用に特化したページをホームページに追加するものや、ホームページとは別に採用専用サイトを開設することで、採用の情報を多く伝えることができます。それにより志望度を高め、求める人材とのミスマッチを防ぎ応募者の質を高める効果があります。

先輩社員密着動画

先輩社員密着動画

先輩社員の1日の活動をクローズアップし、出社から退社までどのように仕事をしているのかイメージが伝わります。
インタビュー形式で経験ややりがいを伝えることで、求職者に安心感をもってもらうこともできます。

インタラクティブ動画

インタラクティブ動画

求職者が興味をもった項目を選択してきながら動画を展開させることができます。いっぽう的に見せる動画ではなく、求職者が欲しい情報のみを見せることができるので、より関心を高め応募につながりやすくなります。

ブース装飾ツール

ブース装飾ツール

出店ブースのバックシートをはじめテーブルや椅子カバーなどの装飾は企業イメージを訴求し、他社に見劣りしないための今や必須ツール。また、求職者を迎え入れる熱意を伝えることができる大事なツールです。

会社案内

会社案内

会社のことを知ってもらう重要なツールです。合同企業説明会で求職者に配布することで、帰宅後に再確認してもらえるので他社と比較しながら、より深く会社への理解を促します。
また、ご家族との情報共有も促進できます。

ノベルティ

ノベルティ

求職者に会社の存在を印象付ける宣伝活動。その一翼を担うのが企業ロゴを入れたボールペンやノートなどオリジナルノベルティです。
また、ロゴ入り手提げ袋は合同企業説明会で配布される資料を入れて持ち歩けるので求職者に喜ばれます。

映画風ポスター

映画風ポスター

合同企業説明化のブースや会社見学コースへの掲示、交通広告としても活用できます。社員様を映画俳優風に格好よく表現することで、求職者に好イメージを訴求できるとともに社員様のモチベーションアップにもなります。