Planning and Production企画制作部 商品開発ブログ

Adobe Illustrator 2022の3D機能を使ってみた

さて今回は、Adobe Illustrator 2022 でアップデートされた3D機能を使ってみようと思います。

従来Adobe Illustratorでは、旧Adobe Dimensionsの3D機能が統合されています。

新しく「3Dとマテリアル」という機能が追加されたので、違いを見てみましょう。

新メニューでは、従来の3D機能が、「3D(クラシック)」となっており、新機能と共存する形で存在しています。

新旧とも、モデリングは押し出しと回転体での生成のみ。

パスファインダーのような型抜きといったようなオブジェクトの演算はできません。

「3D(クラシック)」では、「回転」だったものが、「3Dとマテリアル」では「平面」に統合されています。

平面のまま回転させたり傾けたりという意味では、わかりやすくなったと思います。

「押し出し」で「べべル」を設定してみます。

従来よりもイメージ通りのベベルが生成されます。片側だけ有効になります。

(2022-3-15:追記)v26.1バージョンアップにて、両側へのベベルに対応しました。

「回転体」を設定。従来通りです。

「膨張」に関しては少し微妙。ベベルにまとめてよかったのでは?

地味に便利なのが、マウスでオブジェクトを直感的に回転できるところ。

今回の「3Dとマテリアル」の目玉機能といえば、「マテリアル」と「ライト」。

従来「マッピング」からシンボルを貼っていたのが、Adobe Dimensionのような操作感になりました。

あと「3Dとマテリアル」では、Adobe Dimensionのようにレイトレーシングで高品位な3D画像を生成できます。

さて、以下が問題点です。

  • 「遠近感」がなくなった。
  • 「表面:ワイヤーフレーム」が選べなくなった。
  • ライトの光源が1つだけになった
  • オリジナルのテクスチャ(マテリアル)を作るのが難しくなった。

2021-12-20現在、以上が従来と比べて制限が厳しくなった点です。

特に、「遠近感」は、自然な立体を作る上で不可欠な要素なので残念なところです。

マテリアル(.sbsarファイル)を自作するには「Adobe Substance 3D Designer」というソフトで制作するようです。

なかなかハードルが高そうです。

もしかして、従来の3Dと組み合わせて遠近感が使えるのか?と試してみたところ、平面の絵が押し出される結果となりました。

冒頭にありますように、従来の3D機能「3D(クラシック)」が、残っていますので、そちらを使えば今まで通りのイメージは作れます。

今後のさらなる進化に期待です。

関連)Adobe CCで3Dロゴマークを作る